1

年明け、大阪に住む脱北者たちの食事会に参加させてもらった。

朝鮮語と日本語混じりで互いに近況を語り合う楽しいひと時となった。

そのうちの一人は日本人の伴侶を得ていた。

だがパートナーからは、周囲に北朝鮮から来たことを話さないよう言われているという。

そして私にも、脱北者であることを誰にも言わないでほしいと言った。

少し悲しげであった。日本の中の北朝鮮を見る目におびえているのである。

日本社会の北朝鮮に対する反発は、日本人拉致犯罪が顕在化した2002年以来強まったのであるが、昨今の世間の空気は陰湿でとげとげしいものになったように感じる。


昨年、北朝鮮を巡って気の滅入る現象が二つあった。一つは11、12月に北朝鮮漁船が日本海沿岸に相次いで漂着した時の反応だ。

周囲の多くの人から「工作船ではないのか?」「乗っていたのは軍人では?」という質問をたくさん受けた。

メディアからもだ。荒れる冬の日本海に木の葉のような木造の小舟で工作員を送り出すだろうか?

政治家は不安をあおった。菅義偉官房長官は12月9日の記者会見で「工作員の可能性がある」と言及。

自民党参院議員の青山繁晴氏は11月30日の予算委員会で、漁民に天然痘に感染させられていた人がいたら無限に広がると、荒唐無稽なバイオテロの可能性を述べた。

メディアはそれを大きく伝えた。


北海道松前市の無人島に上陸した北朝鮮漁民が、設備を盗み出して大ひんしゅくを買い、地元から怒りと不安の声が上がった件があったとはいえ、少し考えれば、漂着船群は、漁労中に遭難して漂ってきたのだろうということはわかりそうなものだ。

海上保安庁の中島敏長官は自民党議員の会合で「工作船である可能性はない」と断定している。

荒波にもまれた末に流れ着いた隣国の貧しい漁民と、冷たい海の上で果てた数十の亡きがらに同情する声は、圧倒的に少数であった。

もう一つ。昨年末、一人の北朝鮮青年が脱北して日本に入国した。

母親は在日コリアンで、40年前に帰国事業で北朝鮮に渡ったが脱北し日本に戻って来た人だ。

生き別れになった息子が母親を追って脱北し再会を果たしたのであった。

そのニュースはフジテレビ系列のインターネットニュースが報じたのだが、1000件近い書き込みのほとんどが「韓国に行くべき」「スパイ、工作員ではないのか」と厄介者扱いするものだった。

脱北者は現在、韓国に累積で3万人超、日本にも約200人が暮らす。

かつて日本から北朝鮮に渡った在日朝鮮人とその日本人の妻、そしてその子供たちだ。

つまり日本入りした脱北青年は日本市民の家族なのである。

昨年、金正恩政権が核・ミサイル実験を繰り返して緊張が高まったとはいえ、独裁政権とそこに住む民を一からげにし、北朝鮮から来たというとまず工作員かと疑う。

隣人が苦難にあえいでいることに想像が向かない。

いつから、日本人はこんなに薄情になったのだろうかと、新年早々気分は重たくなった。


引用元 https://mainichi.jp/articles/20180116/ddl/k27/040/274000c


先日、韓国関連ブログなどで『韓国の合意破棄をサンデーモーニングの関口宏が批判してる!』と驚く記事がたくさんまとめられていましたが、それは単にTBSが親北朝鮮だからではないですか。

毎日新聞も親韓国・親北朝鮮で言ったら、親北朝鮮の傾向が強いと思いますけどね。

ともあれ紙面を割いて、『日本人は北朝鮮の国民に冷たい』と主張している訳です。

日本人を何十人も拉致して人生を奪い、『核で日本を沈没させる』と主張している国に対して、どうして寛容になれるのか教えてもらいたい。

国と国民は別というならば、よく言われる『日本人は政権に従い軍国主義化し止めなかったから罪がある』という論理なら、北朝鮮の国民も金体制を止めず支持してますからね。

北朝鮮も仮にも選挙はしてる訳ですから、殺されてでも自分たちで変えるのが筋でしょ。

日本人が冷たいと言うなら、可愛いわが子を拉致され、さまよい歩くご両親たちに対して冷たいのはどっちだよと思わざるを得ない。

そして毎日新聞は、日本の新聞じゃなくて北朝鮮の新聞かよとも思う。たぶんそれが正解だろう。

虫唾が走る。そういう口は日本人全員生きて返してから叩け!・・と思う。


※編集後記

お正月に保守系のサイトが同じ時期に与党の動きを同時に伝えてましたよね。

NHKのスクランブル化とか、新聞の押し紙にメスを入れるとか・・。

実現できるかは別として、それらのサイトで廃刊に追い込まれるだろうと名前が挙がっていたのが毎日新聞。

まぁ出来る事なら、朝日と東京も廃刊に追い込んでもらいたいですけど、その前に今時になっても朝日・毎日・東京を取るなって話ですね。