1

ジェームズ・マティス米国防長官がカナダのバンクーバー20カ国の外相会議前の晩餐の席で、「戦争計画(War Plan)がある」と話したと分かった。

18日朝日新聞はマティス長官が去る15日(現地時間)夜の晩餐の席でこのように述べたと、出席者を引用して報道した。

参加者によると、マティス長官は、韓国と日本など20カ国の外相の前に「もし今回の外相会議でうまくいかなければ、次は国防相会議になる」と述べた。

続いて「北朝鮮の核・ミサイル開発問題について、今回の外相会議で強い結びつきを望む」と強い期待感を示したことが分かった。


日本政府は、マティス長官の発言について国の軍事的連携が外交的努力を通じた対北圧迫の強化を推進するために重要な要素になるという事実を確認したものと解釈した。

媒体はまた、河野太郎、日本外相が16日、会議が終わった後、記者団に「北朝鮮との対話の雰囲気は全くなかった」と話したと伝えた。

河野大臣は、引き続き閣僚会議再開の可能性について、「今回の会議は、一回限りで2回目はない」と強調した。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=421&aid=0003157173


韓国のムン・ジェイン支持派は、北朝鮮とのオリンピック共同チームに浮かれ気味。

数名の北朝鮮の為に韓国の出場枠を削って、100名を超える北朝鮮の楽団も受け入れる。

この楽団さんたち、基本的に北朝鮮賛美楽団ですから、どんな演目やるつもりか。

韓国の保守はオリンピックで韓国国旗を使わず、半島統一旗を使う事に反発しているようです。

アメリカも強気を崩さず、米韓軍事訓練もパラリンピックが終わるのを待たずに開始するようですが、面と向かってアメリカ批判できないので、『戦争したい安倍がトランプを扇動している』ような論調のコメントはちらほら見えます。

また西側や日本の在留外国人の退避計画の相談も、ムン・ジェインは一切拒否。

ここまで来ると、日本人やアメリカ人を人間の盾として使う気なんだろうかと勘繰られても当然ですね。

アメリカは北朝鮮に対する海上輸送の臨検を望んでいますが、中ソが反対。

海上封鎖に踏み切れば、北朝鮮は発砲するでしょうから、そこからの有事発展も充分ありそうです。

日本政府には、早めの退避勧告・渡航規制に踏み切って欲しいと思います。