1

ご訪問頂きありがとうございます。ブログのみの更新です。

日本には在日韓国人と在日朝鮮人がいますね。在日韓国人の国籍は当然韓国籍。

では在日朝鮮人の国籍と言えば、北朝鮮か・・と言えば、そうではない。

日本は北朝鮮と国交が無く、そもそも北朝鮮を国家として承認していない。

在日朝鮮人の国籍は朝鮮籍であり、平和条約国籍離脱者で登録法制上の存在。



何故かと言えば、日本は日韓基本条約で半島の正当な政府は韓国のみと認めたから。

日米韓の他の多くの国は北朝鮮と国交を持っているが、日米韓は持っていない。

そして韓国憲法でも朝鮮半島が韓国の領土であり、北朝鮮は法的に存在していない。

言ってみれば日米韓にとって、北朝鮮は半島北部を占有している武装集団という事ですよね。

シリアやアフガン内のISによく似た立場。違いは北朝鮮は国連加盟国で、多くの国に承認されているという事。



ただしあくまでも日本と韓国にとっては、半島の政府は韓国。条約にそう書いてある。

という事は・・日本人拉致をした北朝鮮は韓国内の武装組織であり、半島の統治者たる韓国政府はこれを解決する責任がある。

であるなら、韓国政府に対して日本人の拉致被害者の返還を求める事は出来なくはないと思います。

もし韓国が『出来ない。北朝鮮に言え』と言うならば、『では韓国は半島北部の統治者ではない事を認めるのか』と詰め寄る事も出来る。

ところがそれは韓国憲法が許さない。変えようとしても半島北部を捨てるような改憲は国民が認めない。



なら『半島北部は韓国ではない』と認めさせるか、『日本人拉致被害者を返せ』と詰め寄る事のどちらかが出来るはずと思います。

半島北部は韓国でないと万が一言えば、北朝鮮と日米はするしないは別として正常化の余地が生まれる。

北朝鮮は韓国だと言えば、『なら日本人を返せ。今すぐ解決しろ。北部を鎮圧してでも返せ』と言える理屈になる。

何しろ半島の正式な政府は韓国なのですから、北朝鮮の犯行は統治者である韓国政府に解決させるべき。

もちろん無理筋で現実無視の話ですが、理屈で言えばゴリ押せない事はない。



韓国の抱えたジレンマを突き、究極の選択を迫る。解決できないなら制裁を行う。

韓国がこれ以上戦後賠償と謝罪を日本に迫るなら、この矛盾を逆手にとって、韓国人の言う『道徳的優位』に立てなくもない。

海外に対して『韓国人は日本に侵入して日本人を拉致して返さない』と宣伝戦を仕掛けてもいい。

日本人は北朝鮮を国家として認めたような態度を取っていますが、本来は認めていない国で、半島北部は韓国が責任者。

北朝鮮に制裁が効かず、韓国も反日を止めないなら、同じようなごり押しで韓国にねじ込むというのも出来なくはないと思うのですが・・。



※編集後記

先日、高須院長に絡んで裁判沙汰になりそうな青なんとか虫ってTwitterの人いましたね。

あの方、過去のツイートで『朝鮮民主主義人民共和国の人間だ』とつぶやいてた。

しかも在北朝鮮ではなく、日本にいるとつぶやいてる。そんな人、本当はいるはずないです。

北朝鮮のパスポートで日本に入国も出来ないし、日本に元からいるなら朝鮮籍の在留許可を持ってるだけのはずですから。

要は朝鮮籍だけど、心は北朝鮮という事でしょ。

韓国に『北部の統治者か』と問い詰める事で、回りまわって国内の朝鮮籍の人間の扱いも変えられるはずと思うんですけどね。