1

派手な毛皮ショールと強引な表情。 三池淵管弦楽団団長が韓国メディアのスポットライトを受け、21日に姿を現した。

北朝鮮芸術団の公演に先立ち、事前チェックの為に、団長一行はこの日午前、京義線陸路で軍事境界線を越えた。 以後坡州とソウルを経て江陵行KTXに乗った。

県団長は、北朝鮮で有名声楽歌手として活動したことが分かった。

現在、北朝鮮の芸術分野の核心人物に挙げられる。

2014年に大佐の階級章をつけた姿が捕捉されたことがある。

年齢は30代半ばから後半という説と、40代半ばという説両方が存在する。

県団長は、北朝鮮の代表的な楽団の牡丹峰楽団を率い、金正恩北朝鮮労働党書記の音楽政治の中心に立っているという評価を受けた人物である。

キム・ジョンウンの昔の恋人という説もある。


北朝鮮芸術家では珍しく常勝疾走し労働党中央委候補委員にまで上がったことが分かった。

県団長は今回のバンナムはモランボン楽団ではなく、三池楽団を導くことが分かった。

三池楽団はモランボン楽団より政治色が薄いという評価を受ける。

国賓行事に主に動員される楽団である。

県団長は去る2013年天の川楽団とモランボン楽団など所属歌手らが関与した映像スキャンダルで逮捕されたことが分かった。

当時逮捕された歌手の残りの部分は、最高水位の処罰を受けたが、県団長だけはキム・ジョンウンの寵愛に処罰を免れた​​とみられる。

以後、中国の北京公演でキム・ジョンウンを称賛する歌を抜いてほしいという中国側の要請を強く拒否し、直ちに撤退、信任がさらに厚くなったことが分かった。


一行は1泊2日江陵とソウルの会場を見て回って公演日程や内容などを協議する。

南北は平昌冬季オリンピックを契機に140人余りで構成された芸術団がソウルと江陵でそれぞれ1回ずつ公演をすることに合意した状態だ。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=008&aid=0003995730



実質的な政治劇での切り込み隊長になるでしょうね。腹括った顔してる。

左派系は賛美するでしょうし、面白くなりそう。

これで開会式にも出て、西側の閣僚なんかと並べた日にはどうなる事か。


なんかピョンチョンではなくて、ピョンヤンオリンピックのようになってきました。

韓国でもやりすぎと言う批判を受けていますが、ムン・ジェインは以前から言っていたことを進めているだけ。

コメントの論調見ると、20-30代はムン・ジェイン支持で、世代別なら支持率8割超えています。

反面、戦争の名残を知る40-60代は急速な北への接近にやや警戒してる。

しかしオリンピックに北朝鮮劇団を呼び、団長は北朝鮮の大佐で、キム・ジョンウンの元カノ。

演目に関わる報道はまだ見ていませんが、アリラン程度ならまだしも『偉大な将軍様』みたいな北朝鮮賛美の曲が出たら、韓国の保守や日米がどう捉えるか。

北朝鮮側が体制賛美の曲を諦めるとは思えませんし、20-30代はそれでも支持するでしょう。

北朝鮮の『わが民族』というスローガンと、統一と言う言葉は、韓国人にとってそれほど魅力的と思います。

まぁもっともその統一がどちら主導かはわかってないと思いますけどね。