1

韓国国防部は19日の5官庁合同の業務報告で、米軍から韓国軍への有事作戦統制権の移管について、既存の移管計画を10月までに補完し、移管の条件を満たしているかを評価するためのロードマップを修正すると明らかにした。

これは韓国軍が作戦統制権を行使するために必要な条件を備えているかを評価する時期を前倒しする方針を示したものと受け止められる。


国防部はまた、来年行われる計画だった事前検証を省略し、1段階検証に入ることを韓米が協議していると説明した。

作戦統制権移管後に現在の韓米連合軍司令部に代わり新たな連合防衛組織となる「未来連合軍司令部」の編成案については5月に合意できるよう推進中だと説明した。

韓国軍制服組トップの鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)合同参謀本部議長とブルックス在韓米軍司令官(韓米連合軍司令官兼務)が5月にソウルで協議し、合意する予定という。

国防部は未来連合軍司令部の指揮体系について、韓国軍から司令官が、米軍から副司令官が任命され、現在の連合軍司令部と類似した体系になると説明した。


引用元 http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20180119003500882&domain=6&ctype=A&site=0100000000


ムン・ジェインは政権任期内での指揮権移管を公約にしてましたから、急いでる感じですね。

もっとも指揮権移管が米軍撤退と同義ではありませんが、米韓の距離感は確実に離れて行っていますね。

今回のオリンピックにしても、参加したからと言って北が核放棄する事は絶対ないし、共同で出場しても韓国に劇的な経済効果はないです。

むしろ制裁に集中している西側から見れば、『韓国あいつなにやっての?』と真意を疑われるだけ損なんですけど、ムン・ジェインは意に介さず。

イ・ミョンバクが周囲を捜査されて『政治報復するな』と言えば、『憤怒を覚える』と更にヒートアップしたのに、キム・ジョンウンが『身の程知らず』と罵っても、完全沈黙で受け入れてる。

ムン・ジェインの親族は、本人以外みんな北朝鮮エリア出身ですが、そこまで北にこだわるのは郷土愛なのか、ただの主体思想の信者なのか。

でもまぁムン・ジェインがキム・デジュンの弟子なのはわかってた話ですし、一番悪いのは保守政権を築きながら、左派にすり寄って保守を蔑ろにしたイ・ミョンバクとパク・クネでしょうね。