3

政府が2020年から書く中・高校歴史教科書のために用意した執筆基準試案に「北朝鮮の6・25南侵」と「北朝鮮世襲体制」「北朝鮮住民の人権」という表現が消えたことが分かった。

6・25南侵と北朝鮮の人権は盧武鉉政府の時の2007年から10年以上執筆基準に含まれていたが、今回は消えた。


大韓民国が行くべき方向を「自由民主主義」から「自由」を削除して「民主主義」のみ規定した試案が論議をかもしたのに続いて追加の確認された事実である。

現行の教科書執筆基準は「6・25戦争で北朝鮮の不法南侵を明確に言う」となっている。

ところが、教育部が教育課程評価院を通じて用意されている新しい教科書試案は「6・25戦争の背景と展開過程を見てみる」のみ使って戦争を誰が起こしたのかをぼかしてしまった。

旧ソ連秘密文書公開で北の南侵を曖昧に濁した、いわゆる修正主義史観はすべて根拠を失って消えた。

ところが、他の場所でもない韓国で北朝鮮の南侵を隠して表示する勢力が再び勢力を伸ばしている。

すでに現行の一部の教科書は、6・25戦争責任を曖昧に記述しているが、今は完全に執筆基準までそう変えようとする。


このまま行けば、私たちの子供たちは、6・25戦争を誰が開始したのかもわからなくなる。

文部科学省はまた、世界の歴史に残る奇跡である大韓民国の経済成長を「政経癒着」部分に曇り私たちの農村を変え、世界に伝播されたセマウル運動は含まれていなかった。

この試案を作成した研究チームは、歴史の教授や教師など20人で分かった。

国定教科書を先頭に立って反対していた人も含まれていたという。

結局、このような左偏向教科書に他人の家の子供に飲ませるために、そのような執拗で暴力的に国定教科書反対運動をしてきたものである。



引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003350648


韓国の国是・・絶対方針は、以前は二つあった訳です。

制定したのは、パクチョンヒであり、軍事政権であり、基本的には親米保守。

その国是2本の柱は、反日と反共。

韓国の左派は民主化以降、必死になって反共の部分を弱め、代わりに反日を強化してきた。

中国や北朝鮮は一切批判しないが、日本に関しては執拗に批判する。

韓国の教育界は、日本の日教組に当たる教員組合がほぼ極左の手に落ちていますから、小学校の段階から反日教育を徹底させています。

国民独島ポスター大会などを開き、日本人を殺す絵などを書かせ、そういう絵を受賞させています。

そして政権が左派に戻り、今後保守政権に戻らぬよう幼少期からの親北朝鮮の教育を強化しようとしている。

韓国では朝鮮戦争の事を625と呼びますが、北朝鮮の侵攻と言う部分を消し、誰が誰を攻めた・・と言う部分を消そうとしている。

結果は目に見えている。『日帝の植民地支配のせいで分断された』と言う部分だけがフォーカスされ、その後の朝鮮戦争は日本人のせいで同族相食む悲劇とだけ表記されるようになる。

もう北朝鮮に向かって転がり落ちる韓国は止められないでしょう。