1

平昌冬季オリンピックの開幕式に出席する為、訪韓中のペンス米副大統領が9日夜開幕レセプション章の後半に来て5分後に退場した。

北朝鮮代表団と同席する事が出来ないという強い意思表示と思われる。

米国は当初、北朝鮮代表団と導線が重ならないようにほしいと要請した。

しかし、韓国政府は、ペンス副大統領と北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長、安倍首相、限定中国共産党政治局常務委員などを一緒にヘッドテーブルに配置し、これを記者団に明らかにした。

ペンス副大統領は金永南委員長と向き合って座る位置であった。

ペンス副大統領は、このような状況を受け入れる事が出来なかったと思われる。


北朝鮮のオリンピック参加は核放棄のためのものではなく、その逆に、核を守ろうとする戦術であり、韓国政府をその目的に利用しているのが事実だ。

政府は、北朝鮮がそのような意図を持っていても、会話さえ続ければ解決するかもしれないと希望している。

米国は、このような期待が実現する可能性はなく、北朝鮮に利用されるだけだと考えている。

だから下心が明らかな金永南と向かい合って、米国が北朝鮮の戦術に踊らされる姿を見せることができないと考えたのだ。

ムン・ジェイン大統領は受付ヘッドテーブルにペンス副大統領と金永南が一緒に座っていることを前提に、「私たちが一緒にいるという事実そのものが、世界の平和に向けて一歩近づく貴重な出発になるだろう」と言った。

そうなればいいのですが、その席に座った北朝鮮は核を守るという考えだけで、米国はそれを容認しないという原則だけである。

北が非核化に合意し、交渉のテーブルに出てこない状態で、いくら「平和」を叫んでも、しばらく仕掛けに過ぎない。

それが今の韓半島の現実である。


南・北・米、他のすべての考えをするこのような状況の韓半島情勢はとても乱れている。

この日キム・ジョンウンの妹金与正が金永南などと一緒に入国した。

これら迎えるために、政府は、統一部長官と次官に青瓦台NSCアンボシル2次長まで行った。

その時刻にペンス副大統領は、北朝鮮に真っ二つされた天安艦を訪れた。

脱北者の被害者、北朝鮮に抑留されたが死亡したアメリカ人学生の父親などと一緒にいた。

前日平壌では、米国を攻撃するICBMが登場して、楽団が公演をした。

この様子を見守る国民は困惑を招くしかない。

キム・ジョンウンは、平昌オリンピックが終われば北朝鮮制裁と封鎖が続く中、韓米連合訓練が実施されるという事実を知っていて、その流れを放置しないだろう。

ムン・ジェイン政府を握り、米国攻勢の盾にしようと戦略を執拗に追求するものである。

金与正はこのようなメッセージを持って来たはずだ。

ムン大統領とペンス副大統領と会った席で、「北朝鮮の核放棄日まで最大限圧迫を続けること」と伝えたとペンス副大統領が発表した。

ムン大統領は、この当たり前の言葉を金与正を通じて金正恩に伝えるしかない。


引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003351706


北朝鮮・中国・日本・アメリカの来賓を同じテーブルにつけようという考えがまず凄い。

キム・ヨンナム、安倍総理、ペンス副大統領、中国代表が、同じテーブルに座り、演壇のムン・ジェインの演説を称え、『世界のリーダーがムン・ジェイン外交を絶賛』とでも書かせたかったんだろうけど・・。

ペンス副大統領はレセプションルームには入ったものの、一度も着席せずに5分で退室。安倍総理は席についています。

ペンス副大統領の着席拒否を『外交的欠礼』と書いている韓国マスコミもいくつか見られます。

そして今日はムン・ジェイン・安倍会談、ムン・ジェイン・キム・ヨンナム会談もある。

かつて北朝鮮を悪の枢軸と言ったアメリカ共和党は、この一連の流れでムン・ジェインを理解したと思います。

そしてアメリカ議会は共和党優勢、11月には中間選挙、議会を確実に動かせるのは11月まで。

この状況でムン・ジェインはおそらく、五輪の為に他国との軍事訓練のスケジュールを組み直してまで米韓軍事訓練を延期したアメリカに更に延期や規模縮小を申し入れるはず。

それは北朝鮮の反発もあるし、訓練後にそのまま鼻血作戦への移行を防ぎたいから。

その韓国に対して共和党のアメリカがどう決断するか。昨年からのゴタゴタの山が来たのかもしれません。