1

政府が平昌冬季オリンピック以後、韓米連合訓練再開について話を濁し始めた。

国防部は12日のブリーフィングで、「北朝鮮のムン・ジェイン大統領の招請で訓練が中止・延期される可能性があるか」という質問に、「適切なタイミングで」とした。

青瓦台の関係者も「連合訓練を4月に再開するか」という質問に「決まったことはない」とした。

先月末、米国合同参謀は、「オリンピックの後、すぐに訓練を継続する」と釘をさした。

その後、私たち国防部も「五輪が終わってから行う」とした。

ところが、金正恩が南北首脳会談カードを差し出すとすぐに揺れている。

韓米首脳は、1月初めの訓練延期に合意した。

当時青瓦台発表は「オリンピック期間中は連合訓練を実施しないことに合意した」だった。


ホワイトハウスの発表は、「オリンピックと訓練の衝突を回避(deconflict)する」であった。

イ・ナギョン首相は5日、国会で「オリンピック後にトレーニングを再開するか」は、繰り返えし聞かれるたびに、質問に「オリンピックと関連し延期すると韓米首脳が合意したことに基づいて解釈すれば、答えが出てくるだろう」とした。

ほぼすべての国民は「オリンピックが終われば韓米連合訓練はならない」と理解したのだ。

ところが今になって「オリンピックの時しないと言っただけで、終わったら再開とは言っていない」とするならば、国民と国際社会を相手に言葉遊びをしたことになる。

政府は、外交的な表現は、可能性を開いておく必要がある。 しかし、自国の防衛安全保障問題は違う。

原則が揺れれば、すべてに無視される。

昨年サード配置当時「曖昧さ」で、米国と中国の両方を取ろうだ両側の関係をすべて台無しにした。

政府の本音は韓米訓練停止や中断にする可能性が高い。

政府は、ムン大統領が昨年12月、米NBCのインタビューを通じて、「平昌五輪前、韓半島の緊張緩和のために、北朝鮮を刺激する韓米連合訓練を延期するなどの措置をとることもできる」と述べた後、こそこそと連合訓練のための立場を崩してきた。

やがてアメリカに訓練を大幅に縮小したり、夏以降に延期しようと提案して本格的な説得に乗り出す可能性がある。


今韓米の最優先目標は、北朝鮮の核廃棄だ。

北が核を捨てる意思を明らかにして交渉のテーブルに出てきた場合、訓練延期も検討することができる。

しかし、北朝鮮は何も変わらないのに、私たちだけずっと譲歩する、北朝鮮の核はますます既成事実に固まっていく。

米国がこれを忍耐しなければ、韓半島ではどんなことが起きるかわからない。

1990年代初め、北朝鮮の非核化と核凍結の約束を信じて、チームスピリット訓練を中止したが、帰ってきたのは、核武装であった。

同盟関係で連合訓練は、核心中の核心である。

前駐韓米軍司令官は、「韓国が連合訓練を止めるれぎ、韓米同盟が破棄する事も出来る」とした。

キム・ジョンウンは、核を持ってはいるが窮地に追い込まれている。

そうでなければ妹まで送って笑顔作戦を展開する訳がない。

会話をしても北の最大限の圧力を必ず並行しなければならない。

そうしないと「核を持って制裁も避けることができる」は、キム・ジョンウンの期待をより育てるだけである。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003352176



韓国での『軍事訓練するのか、しないのか』は、あくまでも『韓国国内の政治劇』。

トランプやペンスの前で『延期すると言ったが、五輪後に再開とは言ってない。適切にと言っただけ』と言ってない。

ただ韓国人的にはそう発言する事で、アメリカの反応を見て、『大丈夫そうなら延期』と甘い観測をしているだけ。

対中のサードもそうだったし、対米のFTAでも同じだった。

そもそもムン・ジェインは、政治家として実務をほとんど経験せずに大統領になった。

そして先日は『政治の中で外交がこんなに大変で仕事が多いと初めて知った』と発言した。

国内のそれも議員としてではなく活動家として政治活動をしてきた人間が、いきなり一国のトップとなり、北東アジア外交と難物に未経験で飛び込んだ。

当然、国内のでの『その場その場を切り抜ける』方式では通用しないが、かといって従北という理念は捨てられず、大統領府も同じ従北素材で埋め尽くしてる。

今回のペンスに対しても甘く見た対応してましたが、津波になって戻ってくると思います。

そこで『オリンピック後に再開するとは言ってない』とは、顔色観測の言葉遊びとしてもホワイトハウスは日本のようには優しくはしてくれないでしょう。