1

新学期から小学生が使用する国政社会教科書が「1948年8月15日」の意味を「大韓民国樹立」で「大韓民国政府樹立」にすべて変えた。


建国は、臨時政府樹立の1919年ということだ。
新政府の主張をそのまま反映したものである。

新しい教科書は、また、「北朝鮮はまだ、韓半島の平和と安全を脅かしている」という文章を削除し、セマウル運動の写真もなくした。

また、既存の教科書では、小学生の教育に適していない理由で「日本軍慰安婦」の表現を使わなかったが、新しい教科書は、写真と一緒に「日本軍慰安婦」という表現を新たに入れた。

すべての新しい政府の口に沿って変えたものである。


政権が変わった昨年から、すでに213件を修正した。


ところが教科書を修正する過程で、執筆責任者は排除され、いくつかの学者が作業を主導したという。

執筆者が「大韓民国樹立」を「大韓民国政府樹立」に変えろという文部科学省の指示に反発したためだという。

新政府は、野党時代には教科書を、政府・与党が修正している。教科書に関わるな」とした。

しかし、そうした人々が政権を握るとすぐに修正している。

すぐに中・高校の教科書も、政府の意のままに変わることになる。

試案には、「北朝鮮の6・25南侵」「北朝鮮の世襲体制」「北朝鮮住民の人権」という表現が消えた。


「自由民主主義」から「自由」という言葉も削除した。


政権交代で教科書交換がされている国になってきている。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003356860


日本の教科書が偏向していると韓国は言いますが、韓国の教科書は極左に変更してます。

韓国の教員組合の半数以上は左派ですので、北朝鮮賞賛の主体思想を教える教科書も教師もいる。

本来は国家保安法の反共取り締まりで潰す事も出来たのに、パク・クネ前大統領は左派の機嫌取りに夢中でそれを怠り、機嫌取りをしたに関わらず、左派に消された。

左派の狙いは、親北朝鮮・反日反米の下地を作る事。パク・チョンヒの功績を消し去り、保守右派の再起を潰す事。

自分が見た限りは、大成功してる。韓国の小中高は純度の高い反日意識を持っていて、敵意丸出しですからね。

韓国は民主化後、反共という国是を忘れ、国是は反日のみになった。反日さえ叫べば、右派も左派も賛成して票になる。

北朝鮮の場当たり的なごまかしに感動して、『これで平和統一だ』と浮かれるのもこういった下地があってこそ。

時間をかけて国を変質させた左派の執拗さは、ある意味優秀です。

大切なのは、日本で同じ事をさせない事でしょう。