人気ブランド「Supreme」(シュプリーム)の購入客たちが並ぶ行列で発生した、シュプリーム渋谷暴力事件。

2018年3月9日に白昼堂々と犯行に及んだこの事件は、多くの人たちに衝撃と悲しみを与えている。

その真相と思われる情報が入ってきたのでお伝えしたい。


・転売を目的とした中国人たち

シュプリーム渋谷暴力事件が発生したのは、2018年3月9日午後。Supreme限定商品を購入するべく渋谷店に集まった数百人の中に、中国人らしき数十人がいた。

彼らは転売を目的として並んでおり、世間からは「転売屋」「テンバイヤー」などと呼ばれている存在だという。

・中国人たちはルールを破って割り込み

Supremeは転売目的の購入を許していないだけでなく、中国人転売屋の多くがIDチェックやファッションチェック等でSupreme関係者から「購入不可」を言い渡された。

しかし中国人たちはルールを破って改めて行列に割り込み、そこでトラブルが発生した。

・12人の中国人転売屋が日本人1人を暴行か

割り込んできた中国人転売屋を指摘したSupreme関係者(警備会社ボンズ)が、中国人転売屋から激しい暴行を受けたのである。

中国人転売屋たちは金属製の椅子で猛烈に日本人を叩き、強烈な殴る蹴るの暴行もくわえている、

目撃者の証言によると、少なくとも12人の中国人転売屋たちが1人のSupreme関係者を集団リンチのようなかたちで暴行していたという。

・そのすべてが悪質

つまりこの事件らは、あらゆる凶悪で鬼畜な行為が複数含まれている。

悪質な転売、行列のルール違反、恫喝、暴力行為、集団リンチ、そのすべてが悪質だ。

Supremeは少年少女にも人気のブランドだ。

このようなトラブルが発生するようでは、子どもたちにも被害が及ぶ可能性がある。

徹底して再発防止対策をしてほしいものである。

ちなみに、Supremeから限定商品が発売される際、いつも行列ができ、数々のトラブルが発生している。


引用元 http://buzz-plus.com/article/2018/03/10/supreme-shibuya-violence-incident/


要するに簡単に説明すると・・

・Supremeというブランド大人気。限定グッズが発売されると、転売目的の転売屋が並ぶ。

・転売防止の為に、『ファンならSupremeを身に着けてる』という事で、転売屋を排除の方針。

・ところが転売屋は当然そんなもの持ってない。セキュリティーが断るが転売屋は無視して割り込み。

・割り込みを止められた転売屋12人がパイプ椅子などで、セキュリティーを集団リンチ。

・目撃主の話では、中国人の集団だったというお話。

Twitterを見ると多く一次情報と思われる人が『中国人』と言っていますので、まぁ確かではないかと思います。

これ、店舗側は警察に協力して、逮捕させるべきと思いますね。

でも、私が一番怖いと感じたのは、撮影している人がたくさんいて、もちろん並んでる人もいて、止めようとしているのが駆け付けたもう一人のセキュリティーだけという事ですね。

この場所、私もわかりますが、人のいない場所でもない。

1人に対して12人が武器を持って襲っているのに、止める人がいないという事の方が怖い。

中国人が集団で弱い者に襲い掛かる事になんて、驚きはない。中国人ですからね。

ハイエナが羊を襲ってると同じ。中国人は利益の為ならそんなものです。

むしろ、それを見てる日本人の中に、止めようとする者がいない方が驚きかな。

手前にこんだけ日本人の男の頭数がいて、やるのは撮影だけとは、良いのか悪いのか。

なんというかトラブル恐怖症極まったってとこなんでしょうか。

まぁブランドのおまけ欲しさに並ぶ男は、そんなものか。

こんな中国人3756●にε-ε-o((+ε+;; ))ゲフンゲフン