1

(この記事は管理人の主観で書いています。正しくない可能性があります。ご了承の上、お読み下さい。)

北朝鮮を巡る状況が変わりました。今日は原点に戻り、各国の狙いを再確認してみたいと思います。

日本・韓国・北朝鮮・アメリカの望みと着地点の確認です。

まず北朝鮮の望みから考えてみます。まず北朝鮮が一番望む事は何か?

当然ながら北朝鮮最大の望みは、キム・ジョンウン率いる労働党支配の維持です。



(이 기사는 관리인의 주관으로 쓰고 있습니다. 정확하지 않을 수 있습니다. 승낙 읽어주세요.)

북한을 둘러싼 상황이 바뀌 었습니다. 오늘은 원점으로 돌아가 각국의 목적을 재확인하고 싶다고 생각합니다.

일본 · 한국 · 북한 · 미국의 희망과 착지 지점 확인합니다.

우선 북한의 소망에서 생각해 보겠습니다. 우선 북한이 가장 원하는 것은 무엇인가?

당연히 북한 최대의 희망은 김정은이 이끄는 노동당 지배의 유지입니다.



北朝鮮を支配続けるために最も必要なものは何か。それを邪魔するものはなにか。

北朝鮮ではキム一族による専制制度が70年続いています。最大の不安要素はアメリカと米軍です。

グレナダ・アフガニスタン・イラク・リビア、こういった独裁専制国家はアメリカに打倒されてきました。

しかし、北朝鮮に米軍を亡ぼす力はなく、その為に核戦力に国力の全てを注ぎ込んできた。

裏返せば、北朝鮮が言うように体制維持が保証されれば、核戦力は必要ないという事になる。



북한을 지배 계속하기 위해 가장 필요한 것은 무엇? 그것을 방해하는 것은 무엇인가.

북한에서는 김 일족에 의한 전제 제도가 70 년 계속되고 있습니다. 가장 큰 불안 요소는 미국과 미군입니다.

그라나다 아프가니스탄 · 이라크 · 리비아, 이러한 독재 전제 국가는 미국에 전복되어 왔습니다.

그러나 북한에 미군을 망치는 힘이 아니라 그 때문에 핵 전력에 국력의 모든 것을 쏟아왔다.

뒤집어 보면 북한이 말하는 것처럼 체제 유지가 보장되면 핵 전력은 필요 없다는 것이된다.



体制維持に何が必要かとなると、米朝正常化とそれに続く平和条約の締結です。

つまり米朝正常化が実現するなら、核戦力は必須条件ではなくなります。

ですから、北朝鮮は米朝正常化を実現し、体制維持が出来るなら何でもする可能性はあります。

次に日本ですが、日本と北朝鮮の問題点は、北の核戦力と日本人拉致問題になります。

北が核を放棄して、拉致した日本人を帰国させれば、大きな問題はなくなります。



체제 유지에 필요한 것이 무엇인지되면, 북미 정상화와 연속적인 평화 조약의 체결입니다.

즉 북미 정상화가 실현한다면 핵 전력은 필수 조건이 없습니다.

따라서 북한은 북미 정상화를 실현하고 체제 유지가 가능하다면 무엇이든 할 가능성은 있습니다.

그런 일본이지만 일본과 북한의 문제는 북한의 핵 전력과 일본인 납치 문제입니다.

북한이 핵을 포기하고 납치 한 일본인을 귀국 시키면 큰 문제는 없습니다.



唯一、日韓基本条約で『朝鮮半島の正統な政府は韓国政府』という条項が妨げになります。

しかしムン・ジェイン自らが、米朝の和解と正常化を進めるなら、北と国交のないアメリカも国交を持つ事になる。

アメリカが北と国交を持つなら、韓国も基本条約を盾に『日本と北は正常化するな』とは言えないでしょう。

しかし北朝鮮が日本との国交正常化を望まない場合もあり得ます。

米朝正常化が核戦力の全廃なら、日本への核の恫喝も消えますが、長距離核のみの放棄なら、日本だけが核の圧力を受ける事になる。



유일하게 한일 기본 조약에서 "한반도의 정통 정부는 한국 정부 '는 조항이 방해가됩니다.

그러나 문재인 스스로가 북미 화해와 정상화를 추진한다면 북한과 국교가없는 미국도 국교를 가지는 것이된다.

미국이 북한과 국교를 갖는다면 한국도 기본 조약을 방패로 "일본과 북한은 정상화"라고는 말할 수 없을 것입니다.

그러나 북한이 일본과의 국교 정상화를 바라지 않는 경우도있을 수 있습니다.

북미 정상화가 핵 전력 전폐이라면, 일본에 핵 공갈도 사라지지만 장거리 핵 만 포기하면 일본 만이 핵 압력을받을 것이다.



ただ日本とアメリカの同盟関係と、東アジアの安定を考えるなら、アメリカとのみ正常化して、日本とは断交のままの可能性は低いと言えます。

となると、日本としては拉致問題をどう解決するかに、大きな比重がかかります。

ただ拉致問題解決をしない限り、正常化をせずに軍事的圧力を受け続けると言うのも、政治的には賢明な判断とは言えないでしょう。

日本は、韓国・中国・ロシアと国交を持っていますが、中国ロシアは日本に核を向けています。

韓国も歴史問題で日本を憎み、ウィーン条約を無視して慰安婦像を建て、慰安婦合意も実質破棄しましたが、まだ断交していません。



다만 일본과 미국의 동맹 관계와 동아시아의 안정을 생각한다면 미국과 만 정상화하여 일본과는 단교 상태의 가능성은 떨어집니다.

그렇게되면, 일본은 납치 문제를 어떻게 해결할지에 큰 비중이 걸립니다.

다만 납치 문제 해결을하지 않으면 정상화를하지 않고 군사적 압력을 받고 계속 말할 것도 정치적으로 현명한 판단이라고는 할 수 없을 것입니다.

일본은 한국 · 중국 · 러시아와 국교를 가지고 있지만 중국 러시아 일본에 핵을 향해 있습니다.

한국도 역사 문제로 일본을 미워하고 비엔나 조약을 무시하고 위안부 동상을 세워 위안부 합의도 사실상 폐기했지만 아직 단교하지 않습니다.



韓国・中国・ロシアと大きな問題があるにもかかわらず国交を持っている訳ですから、拉致問題一点で正常化のチャンスを捨てるとは限りません。

もちろん拉致問題が解決すれば、大きく前進しますが、解決しなくても問題を抱えたまま正常化と言う道がない訳ではない。

正常化した場合、拉致問題にどう対処するかは国内問題となりますが、国内の左派政党は親北朝鮮ですので大きな批判は難しいでしょう。

つまり日本とアメリカ、この両国は核問題と拉致問題さえ解決すれば、正常化という選択肢は無くはないという事になります。

長くなったので、韓国についての分析は次回にします。

http://japan-and-korea.sakura.tv/problem-of-korea-208.html




あーわかりますよ。日本人ならこれを見て不快なはず。『日朝正常化なんてありえない』と言うはず。

それはわかります。ただ反日むき出しで核を向けてる中国とも国交はある。ロシアも同様。

北朝鮮と国交ない国の方が圧倒的少数であるし、核を向けてると言う理由だけなら中露と断交しなくてはならないが、断交してない。

アフリカやアジアの独裁政権、それもかなり悪質な独裁政権とも国交はあるから、独裁政権とは正常化できないとは言えない。

そうなってくると最大の問題は、やはり拉致問題。

そこでこのブログが何回も何回も考えている質問に戻るんですね。例の。

『あなたの家族が拉致被害者なら手段を問わずに取り返して欲しい』と言えるか。

そして『あなたの家族が自衛官なら、拉致被害者帰還の為に生死を賭ける事になっても送り出せるか』という問い。

付け加えるなら『核の圧力を取り除けるなら、拉致問題を先送りしてもいいか・・という判断を政府に無記名で問われたら、本当にNOと日本人は答えられるか』という問いです。

『拉致被害者を取り返す為なら自衛隊が乗り込んででも奪還しろ』と言う声はききます。

問題は『その自衛隊員が自分の愛する家族で、死ぬ可能性があっても同じことを言えるのか』という事です。

そこで、同じく問い続けてきた『日本人の公私』という問題に戻ります。立場論ですね。

私に荷重を置き、『家族の為なら他の日本人が死ぬ可能性があっても構わない』『同じ日本人の為とは言え、我が子が死ぬ可能性は容認できない』と言うか

公に荷重を置き『一人でも見捨てれば、自分が見捨てられても文句は言えない』『たとえ我が子が死ぬ可能性があったとしても、拉致被害者を取り戻す為なら送り出す』と言うか。

公と私。どちらに転ぶにせよ100対0には決してならない。

安倍総理があなたの家に来て、『北に捕まっているあなたのお子さんは、残念ながら先送りします。ご理解ください』と頭を下げるか、『自衛官のお子さんを北朝鮮に送り込み日本人奪還を試みます。ご了解ください』と頭を下げた時、『わかりました』と言えるかどうか。

もちろん感情的に拉致問題解決なくして正常化交渉なし・・と言う判断もあり得る。

慰安婦問題解決なくして日本との和解はあり得ないと言ったパク・クネ前大統領のようにね。

ただ感情論は別にして、それがいいのかどうかは考えるべきでしょう。


※編集後記

別に『北朝鮮と仲良くしよう』なんて言ってるのではないです、それは絶対ない。それを疑うなら過去5年間の記事読んで判断してもらいたい。

それにこのサイトの韓国語記事は、韓国人に向けて韓国人を●らせる為に書いてるという事も考慮してもらいたい。記事のタイトルの意図も読んでね。

このね、米朝・日朝正常化交渉と言うのは、以前何度か書いてお叱りのメールが来たり、そういう見方があるのかと考えてみた・・とか、そんな胆力ある政治家いない・・と意見が来たりした賛否両論のもの。

その後、ミサイル連続発射で不可能になったと思って書かなくなっていましたけど、
米朝・日朝正常化交渉というのは政治的には裏技・寝技と思います。相当な胆力もいる。

ただ正常化は仲良しこよしとは同義ではないし、正常化したうえで全面対決という事もある。

腹の座った政治家なら、考える選択肢の一つのはず。しかもそれは韓国を潰す方法にもなりえる。

それは次回書きます。まぁ怒る人もいると思いますけど、そういう方は過去のオリジナル記事読んで下さい。

拙いなりに繰り返し考えて、あーでもこーでもと揺れながら書いていますので。