3

日本軍性奴隷被害者イ・ヨンスさんが「慰安婦被害者」で初めてフランスの下院を訪問し、ひどい実像を一つ一つ告発した。

このおばあちゃんの証言で、世界の目が再び慰安婦問題に集中しているうちのに、親日ユーチューバーの慰安婦妄言が再照明されて怒りを起こしている。

米国有名ユーチューバー、トニー・マラーノ(Tony Marano)は、常に親日発言して、慰安婦関連妄言で国内に名前を知らせた男性である。

彼の国内のオンラインコミュニティとSNSに名前を知らせ始めたのは、4年前に慰安婦少女像を嘲笑しながらだ。

当時
トニー・マラーノが、カリフォルニア州グレンデールに建てられた慰安婦少女像に滑稽な表情が描かれた紙袋に入れて日の丸を振る写真を撮って、Facebookに掲載した。

また、「慰安婦は嘘」という要旨の映像を掲載し、「(慰安婦は)日本人の目にも白人の目にもブサイクだった」、「慰安婦は十分なお金を受けた」と慰安婦被害者を嘲笑した。

現在も
トニー・マラーノのこのような「妄言」は続いている。

最近、ソウル市とソウル大人権センターが「慰安婦虐殺」の証拠映像を公開すると、
トニー・マラーノは、やはりこれ反論する映像を掲載した。

トニー・マラーノは、慰安婦問題を公論化させ、解決しようとする一連の動きを「慰安婦マフィア(Comfort Women Mafia)」と言って、日本を陰湿な攻撃しようとする勢力と規定している。

今回公開された映像では「アメリカ国立公文書記録管理局(National Archives and Records Administration)の記録によると、「中国の軍人が死んだ軍人の服や物を盗んでいた」と描写がされており、死んだ女性と子供たち」とだけ描写されている」と説明した。

彼は「ただ「死んだ女性」とされている記録を慰安婦と証明する根拠は何なのか」と疑問を提起した。

しかし、彼の提起した疑惑はかなり断片的裏付ける論旨が貧弱である。

今回公開された映像は、米中連合軍の資料に記載されている
日本軍が朝鮮人女性30人を銃殺した」という内容と一致する点で意義が大きい。

日本政府が否定する「慰安婦虐殺」についての記事記録と一致する映像の証拠資料が提示されたものであるからである。

この資料は、これまで慰安婦被害おばあさんの証言とも一致する。

トニー・マラーノは、この証拠をすべて否定するなら、慰安婦被害おばあさんの証言と文書記録、映像記録をすべて覆す確実な証拠を持って来なければならない。

しかし、一部の極右指向の日本人たちは、このような真実を無視して、「
トニー・マラーノの言葉は世界の常識」、「韓国人は嘘を中断せよ」とオナニーする姿を見せるだけだ。

過ちを回避して、世界を企む者たちには「オナニー(自慰)」より「自省」が必要に見える。

引用元 http://www.insight.co.kr/news/144554


いわゆるテキサス親父こと、
トニー・マラーノさんですけど、慰安婦紙袋事件の時は、相当韓国から批判や脅迫があったようです。

当たり前ですけど、テキサス親父はテキサスに住んでるんですよ。テキサスだけに。

韓国人は知らないのかもしれませんけど、テキサスは古いタイプのアメリカというか、アメリカがアメリカたる由縁の土地です。半年ほどダラスに私もいましたけど。

保守的ではあるけど情け深いところもあるし、良いところですが、テキサスは全米が認める武器大好き州ですよ。

ライフルもショットガンも(申請不要)、拳銃(要免許)も人から見える形で携帯できるし、2年ほど前には大型な刀剣類も携帯して良くなった。

その上、バナナマガジン(普通の弾倉より弾が10発ほど多く入る)も合法。

わかりやすく言うと、背中に30発入るバナナ装填したカービン銃背負って、腰に日本刀差してても文句言われない。

銃の操作教える時に『胸に2発撃ちこむんだよ』と笑顔で教えて、不法越境してくるメキシコカルテルと自警団が国境警備隊と連携しつつ撃ち合う地域ですよ。

言っちゃ悪いが韓国人がテキサス親父を現場で脅そうものなら、地域全体でライフル抱えて出てくる土地柄。

慰安婦虐殺の証言と一致するったって、その肝心のイ・ヨンスは証言の度に内容ころころ変わるし、アメリカ議会での証言も5分の予定を、1時間泣き叫んでごり押しした本人でよ。

証言と一致するから本物というなら、イ・ヨンスの証言全てを精査し、その信頼性を立証してみればいいんです。

絶対崩れるから。今回の英語資料に『中国人が死んだ日本人から身ぐるみ剥いでる』って書いてるっていうから、韓国はそれを法廷で突き崩せるなら崩してみればいい。

慰安婦の言う事を神格化して、一次資料の精査もせず、聞きたい事だけ聞いて、信じたい事だけ聞いて、ちゃんちゃらおかしい。