2

[アンカー]


今回は、米国の基準金利が韓国より高くなる見込みです。

現地時間21日、米国の金利引き上げが確実視されるからです。

10年ぶりに両国の金利が逆転されると、国内の外国資金の離脱が心配されるが、韓国銀行は、金利の調整が困難な状況です。



[記者]


現在、韓国と米国の基準金利は年1.50%で同じレベルです。

しかし、韓国時間22日未明、米連邦公開市場委員会が予想通り政策金利を年0.25%ポイント上げた場合、米国が高くなります。

10年7ヶ月ぶりです。

米国では年内最低3回引き上げるとの観測が支配的で、韓国では1回との見通しがあります。

年末には、米国が韓国より1%ポイント以上高くなり、すぐに資本流出と為替急騰する可能性が大きくなるのに、韓国銀行は、そうではないと見ています。


<イジュヨル/韓国銀行総裁>「韓国と米国の間の金利が逆転されてもしばらくは、外国人の証券資金が大規模に流出する可能性は大きくない...」

しかし、韓国銀行は、資本流出の可能性が低くはなく、条件上、金利を上げることは困難です。

まず鉄鋼高率関税に火ぶたを切った米国、欧州と中国が報復に出て、世界貿易戦争が始まると、輸出で経済を設ける韓国は打撃が避けられます。

また、GM群山工場の閉鎖と造船業の構造調整の影響も耐えなければならず、1千400兆ウォン家計負債の返済の負担も考える必要があります。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=tvh&oid=422&aid=0000308301&sid1=292


今、日本の左派マスコミが、安倍総理・麻生副総理をなんとか引きずり降ろそうとしている最大の理由は、日本が中国・北朝鮮に備えて憲法改正するのを阻止して、日本が出来る限り脆弱な状態を保って、中国・北朝鮮の前に無力にさせようと言うのが狙い。

次に安倍麻生ラインを何とか辞任させたいのは、日韓スワップ交渉に応じない麻生さんを引きずり降ろし、親韓国の石破を総理に送り込み、日韓スワップを再開させたい筋書き。

韓国はドルベースのスワップ持ってないですからね。

そういう意味で、経済と安保と政治は繋がってる。

その為に朝日新聞・毎日新聞・東京新聞・テレビ朝日・TBSが、総力を挙げている。

ここで日本がやるべきは、国内左派マスコミの極端な性向を暴露して是正し、韓国に対して踏み込み経済制裁を行う事。

この数年日本を支えた安倍政権を、今度は日本人が支えるか、恩知らずに突き放すか、そしてなにより日本人が馬鹿かどうかが問われる局面と思う。