1

昨年「週刊文春」9月7日発売号が報じた山尾志桜里衆院議員(43)と倉持麟太郎弁護士(35)のW不倫疑惑。

この不倫疑惑が原因で、昨年11月末に倉持夫妻は離婚。


夫妻は2015年4月に結婚し、同年に長男が誕生していた。

これまで沈黙を保ってきた倉持氏の元妻・A子さん(34)が、自らの胸中を初めて手記に綴った。

〈この半年は、私にとって地獄のような日々でした。本当に思い出すのも辛いことばかりです。あの日から半年が経ち、やっと健康状態が回復してきました。

今回、全てを明かそうと思ったのは、私の中でまだ解決していない問題が多く残されているからです。

その中でも私がいちばん深く傷ついたのが、山尾さんが私たち夫婦の寝室にまで上がり込んでいたことでした――〉

A子さんの手記には、山尾氏が倉持氏の自宅マンションを訪れた直後、部屋に残されていた“異変”や、倉持氏の弁明などが赤裸々に記されている。


山尾氏に改めて倉持夫妻の離婚などについて尋ねたが、答えることはなかった。

倉持氏は「(離婚についての)経過及び内容等については第三者に口外、開示又は漏洩しないことを約しており、回答は差し控える」と答えた。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180321-00006636-bunshun-pol


ども、東日本不倫撲滅委員会委員長のよかれです。手厳しいです。

あー、倉持氏の元奥様早いです・・。不貞行為の時効は、奥さんが認識してから3年間です。

追い込むなら次の衆院選まで待って、裁判と並行して、子供も使って世論に訴えた方が良かったのに・・。

政争は相手の一番弱い所を突き、禁止が明示されていなければどんな汚い方法でも使って、相手を仕留めるか、それが出来なくても最悪共倒れに引きずり込む事。・

不倫の慰謝料は、夫に請求してもいいし不倫相手のみに請求する事も出来る。

請求するだけなら10億円でも可能だし、それを相手が『払えない』と言えば裁判に持ち込める。

傍聴人のマスコミの前で、秘匿契約の及ばない司法の場で何一つ遠慮する事なくすべて腹の中をぶちまけられる。

裁判になれば妥当な慰謝料になりますが、それ以上の社会的信用を奪える。

山尾議員を選挙の前のタイミングで司法の場に引きずり降ろして、世間の同情を買えば、それなりの報復も出来たのに・・。

まぁまだ時間は2年以上あるから、いつでも好きな時にやれますけどね。

野党は安倍夫人の『イイネ押した事件』で証人喚問したいというのだから、山尾議員を証人喚問して『何回やったんですか。なぜシーツをわざわざ洗ったのですか。』と質問してやればいい。

自分なら『もう●きていたくない』と思わせるまで、不眠不況で追い込みますけどね。

ホント、この山尾志桜里議員、左翼で不倫という死ぬほど嫌いな要素山盛りで、見ているだけでこんなにむかつく女もそうそういない。

虫唾が走る。


※編集後記

ども、韓国人は罵らないが、左翼と不倫は口汚く罵るよかれです。

よく馬鹿ドラマで『不倫って苦しいの・・』みたいなアホ丸出しのロミオとジュリエットごっこしてますけど、あれは本人たちが承知で踏み込んだんだから、別に苦しかろうと死のうといいんですよ。

ところが不倫された方は、自分の決断でないのに、その結果に苦しめられる。

うちの親父は不倫と言うか、妾がいて、そういう勝手に巻き込まれる母を見てますからね。

中学生時代に、離婚訴訟の本読み込んで、母親に離婚訴訟を薦めてた位なので、こういうの死ぬほど嫌い。

これね、姦通罪がないからだと思うんですけど、姦通罪復活と言うと昔の女性だけが罰せられる姦通罪と思って反対する人いますけど、ぼかぁ男女共に同罪にして姦通罪復活させるべきと思うんですよ。

家族の中で唯一自分の意思で選ぶ夫と妻の信頼を裏切った訳ですから、人間の基本コミュニティを破壊していると言っていい。

自分で選べない親兄弟子供は、裏切ったり捨てたりもわからなくはないが、自分の強固な意志で選んだ妻や夫を裏切るのは、駄目。

まぁ不倫してる人はこういう批判反対なんでしょうけど、不倫というのは『人の道にあらず』という意味ですからね。

そんな獣の批判など、どんなに浴びても気にもなりません。憎いとは思わないけど、人じゃないんだから。

韓国人は口汚く罵りませんが、左翼と不倫はいつ何時でも叩きますよ。口汚い記事読まされる読者の皆様には申し訳ですけど。

僕は理解ある人のふりして『そんな事もあるよ』と容認したりしない。

秩序の破壊者として徹底して排除する。それでどんなに損しても構わない。そうしてきたし。

親族や長年の知人でも、浮気をしたら1秒で人間のクズとして切り捨てて叩き潰すのに、ましてやその両方なんて、叩かないはずがないっっ。