2

ピョンチャン(平昌)五輪の開催で延期されていた米韓合同軍事演習は、4月1日から実施されることが決まった。

米軍はこの演習に合わせて、アメリカ市民の韓国からの退避を想定した大規模な訓練を行う。

軍事演習によって、一時収まっていた米朝間の緊張が再び高まることも予想される。

米軍機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」によると、今回の演習は、核武装した北朝鮮との間に戦争が勃発し、アメリカ市民20万人以上を避難させるという想定。

ボランティアの参加者100人を実際にアメリカ本土まで移送する訓練は初めてになる。


この訓練は「フォーカスト・パッセージ」と呼ばれ、米韓両軍が4月1日から開始する野外機動訓練「フォール・イーグル」、指揮系統訓練「キー・リゾルブ」に続いて、4月16~20日の期間で実施される。

ピョンチャン五輪開催以降、米朝間の緊張は一時収まっていたが、今回の軍事訓練は、朝鮮半島が今も戦争の影に覆われていることをあらためて示した。

米太平洋軍のクリストファー・ガーバー大佐は2月、朝鮮半島情勢は新たにより緊張した局面に入り、民間人を安全に帰国させる新たな手段が必要だ、と語っていた。

「機密事項の詳細は明かせないが、有事の際の危険の範囲、規模は拡大しているし、軍事作戦自体も刻々と進化している。非戦闘員の退避計画はそれに適応させる必要がある」と、ガーバーはハワイの地元紙の取材に答えている。

米海軍によると、非戦闘員の退避作戦の対象になるのはアメリカ国籍の「米政府機関の職員とその家族、非戦闘員として避難を指定された米軍軍人、そして軍人の家族」。

またアメリカ以外の国籍の市民で、「当該国(韓国)に居住する米政府機関職員のうち避難する意志がある者、民間米国人の家族、米軍軍人と軍関係者の家族、さらに上記に指定された者の家族」も対象となる。

退避訓練と同時に実施される軍事演習は、ピョンチャン五輪の開催やその後の南北会談の実施を考慮して、北朝鮮を挑発しないよう延期されていた。

ドナルド・トランプ米大統領が、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と史上初の米朝首脳会談を5月末までに行うと合意した後も、3月に本誌の取材に応じた政府高官は、軍事演習は予定通り実施すると語っていた。

今週3月19日に国防総省が発表した声明によると、ジェームズ・マティス国防長官と韓国側は「昨年と同様の規模で」演習を実施すると合意した。北朝鮮側にも軍事演習の実施は通知されている。


引用元 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9805.php


これはまぁ訓練ですけど、以前の訓練と内容が変わっていますね。

昨年の訓練は、在韓のアメリカ人の日本への避難を想定したもの。

今回の訓練は、在韓アメリカ人を載せて、日本を飛び越えてアメリカ本土に到着するもの。

この内容の変化は、日本の在日米軍基地も万全ではないと言う想定だと思います。

つまり在日米軍や日本への核攻撃が念頭にあるので、最もリスクの低い本土への退避を想定してる。

都内の場合、都心部への攻撃や横田基地への攻撃はあり得ますね。

その時はこのブログも終わりになりますが。

ただそれは80年代から北朝鮮に対するを徹底せずに、韓国の左傾化も食い止められなかったツケのようなもの。

こういう危険はあるものの、放置すれば危険は増す一方なので、決裂となったら致し方ないと思います。



※編集後記

ウォンチュー、君のハートにレボリューション♪

なんか今日は手間かかった割に読者減ってる気がする。

そんな馬鹿な・・馬鹿なっ・・馬鹿なっ・・バハマ!