2

政府が検討している放送制度改革で、外国資本の出資規制や番組基準策定の義務づけなどNHK以外の放送関連の規制撤廃も視野に入っていることが23日、分かった。

既に民放への政治的公平などを義務づけた放送法4条の撤廃方針が判明しており、政府はこれらの規制撤廃で「放送(NHK除く)は基本的に不要に」なるとしている。


放送とインターネット通信との垣根をなくし、コンテンツ産業での新規参入促進が狙いだが、実現すると国益に反する放送が行われたり、フェイク(偽)ニュースが出回ったりする可能性もあり、日本民間放送連盟(井上弘会長=TBSテレビ名誉会長)は反発。23日には「放送の価値向上に関する検討会」が開かれ、国民の知る権利を守る放送の役割が軽視されているとして警戒を強めている。

「通信・放送の改革ロードマップ」と題した政府の内部文書では、民放について、放送法4条のほか、番組基準策定▽番組審議会設置▽教養、教育、報道、娯楽の番組調和原則▽外資規制-といった規制撤廃を明記。

また、放送番組をはじめとするソフト事業と、放送設備などのハード事業の分離徹底も盛り込んだ。

さらに、放送対象の全地域で受信できるよう努めることを民放に求めた放送法の努力条文の撤廃も実現させることで「放送(NHK除く)は基本的に不要に」なるとしている。

NHKについては、放送内容に関する規律などを維持する。

これらの規制撤廃については、今秋の臨時国会への関連法案提出を目指す。

こうした改革の進展で放送が電波からネットへ転換し、放送に割り当てられた電波帯域に余裕が発生すると見込み、オークションによる電波への新規参入を促進するとしている。

視聴者は最終的にテレビではなくネットなどを経由して全ての番組を見ることになる。


一方、菅義偉官房長官は23日の会見で、「現時点で改革の方向性を決めているものではない。通信の技術革新によって通信と放送の垣根がなくなってきており、そうした状況を踏まえた対応を検討する必要もある」と話した。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00000063-san-pol


撤廃方針の放送法4条とは次のもの。

第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。

二  政治的に公平であること。

三  報道は事実をまげないですること。

四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

2  放送事業者は、テレビジョン放送による国内放送等の放送番組の編集に当たつては、静止し、又は移動する事物の瞬間的影像を視覚障害者に対して説明するための音声その他の音響を聴くことができる放送番組及び音声その他の音響を聴覚障害者に対して説明するための文字又は図形を見ることができる放送番組をできる限り多く設けるようにしなければならない。


これに電波域のオークションと、ネット移行と、放送の競争自由化が組み合わさってくると思います。

まず政治的に公平な放送が、4条のある現時点で確保されているかと言えば、これは明らかに守られていない。

代表格は、サンデーモーニングやニュース23を擁するTBS、ニュースステーションのテレビ朝日。

完全に中国・北朝鮮・韓国軸足の反日左翼番組になり果てています。

さきほど放送法関連の小林よしのりのブログを見たのですが、『これが通ればフェイクニュース連発の極右の政府寄りの放送が出来るようになる』みたいな事が書いてあった。

でも4条廃止されてないのに、TBSやテレビ朝日は北朝鮮に指令されてるような反日指向になって久しいのにそれは批判しない。

廃止されたら中国賛美の放送局や北朝鮮大好き放送局も生まれるが、保守派のテレビ局も生まれる。

リアルタイム視聴率はほぼもう意味ないし、今後はテレビ・ネット・ケーブルテレビで視聴者を奪い合うようになる。

サンデーモーニングは『ピョンヤン・モーニング』になり、ニュース23は『ソウル23』になり、ニュースステーションは『共産ステーション』になるかもしれない。

その代わりネットテレビで高須クリニックとDHCで『慰安婦の嘘を暴く』という番組も出来るかもしれない。

要はケーブルテレビ化するというか、嗜好に合わせた番組作りになり、視聴者はそれを選択し、選択されない局は広告費やオークション費用を稼げず、消えていくと言う市場原理になる。

私はもう1年半から2年位、地上波をほぼ見なくなりました。見るのはWOWOW・スターチャンネル・ナショジオ・ディスカバリー・ニュースチャンネル。

あとは邦画専門と時代劇専門と、たまにMTV位。

ニュースチャンネルならアンカーが登場せず延々とニュースだけ、ワイドショーも無い。

吉本の芸無し芸人やテロップ頼りのバラエティーも無く、非常に満足。

TBSやテレビ朝日はこれ幸いと共産党や立憲民主党の機関紙的な放送になるでしょうけど、それで果たして視聴者を確保できて、しかも高額なオークション費用を捻出できるかという事。

もちろん中国韓国の外資が参入する事も可能になるから、全人代テレビになるかもしれないが、それをどれだけの人が見るか。

代わりにFOXが参入して保守的な番組を作り、海外ドラマが地上波に大幅に入って人気になるかもしれない。

『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ホームランド』や『ハウス・オブ・カード』が地上波で見られるようになるかもしれない。

それにネットテレビのHuluやamazonもあるし、それにテレビ自体持たない若者も多い。

左翼志向のサンデーモーニングみたいな番組を規制すると言う手もあるが、それに伴う批判などを考えて、『規制撤廃。好きな番組を作れ。ただし視聴者に支持されないと運営できなくなるぞ』という方向を取ったんだと思う。

地上波の時に見られた局は、NHK・ETV・日本テレビ・TBS・フジ・テレ朝・テレ東・MX。

いま私が見られる局は約80。今までどれだけ狭い範囲で見ていたかという事と思います。

これをやられると地上波の局は相当やばい。コンテンツ数でもクオリティでも勝てなくなる。

今のテレビ局が総力挙げて安倍批判してるのは、これを実施されて自分たちの食い扶持が無くなるのが怖いからなのでしょう。






※編集後記

手間かかった割に、漫画3連投、アクセス激減・・。

んーネタが古すぎたか・・あるある探検隊とかパペットマペットとかあきら100パーも考えたんだけど、画像集めと加工が手間過ぎて止めました・・。

たまにはお笑い番組見て新しいの覚えないと、だめなんかなぁ・・。

作ってる本人は笑ってたのに、全然だもんなぁ・・。

おっさんすぎたのかもなぁ・・。