2

『日本の安倍首相は、非常に優れた私の友人。 しかし、今はそれらに言いたい。 これまで自分の顔には軽く笑顔があった』

ドナルド・トランプ米大統領が22日(現地時間)、鉄鋼やアルミの輸入制限措置に署名していたことだ。

安倍晋三という名前をわざわざ挙げて飛ばした、が毒舌一言で日本は難局に陥った。

日本は韓国や欧州連合(EU)などと異なり、米国の鉄鋼関税爆弾から除外されなかった。

先に河野太郎外相が米国を直接行って泣いて訴えたが、撤回はなかった。

今回トランプは鉄鋼輸入制限と関連して「鉄鋼などの大量輸入は、安全保障上の脅威」という理由を掲げた。

米国の同盟国である日本の鉄鋼が、突然米国の安全保障上の脅威になってしまった状況である。

鉄鋼関税だけではない。 安倍首相は、米国からのより痛いパンチも当たった。

25日、日本の共同通信によると、今月中旬河野外相は、米国の管理者と会い「北朝鮮の中距離ミサイル放棄と日本人拉致問題の解決の約束を北との会談の前提条件としてほしい」と要請した。

しかし、マイクポンペイオ国務長官内定者など、米国の関係者は、一様に「現実性が落ちる」という反応を見せたという。

これまで「米国と日本は100%である」「歴史上前例のない緊密な日米同盟」と大騒ぎを落としてきた安倍首相と日本政府としては言うことがなくなった。

安倍首相は私学財団の好み論議で最悪の政治的危機に陥っている。

彼はわらもつかみたい切迫に突出した手をトランプ大統領が二回も振り払った形だ。

「スキンシップはスキンシップ、国益は国益、一番重要なのは私の選挙の勝利」というトランプ式政治 昨年11月にゴルフ場バンカーにごろごろと転がる屈辱まで耐え、トランプを手厚くもてなした安倍首相には冷遇が戻ってきた。

韓半島の運命がかかった4〜5月の首脳外交が迫った。

さらに、「中国の皇帝」習近平と「ロシア皇帝」ロシアのプーチン大統領まで、韓半島は新型武器を装備したストロングマンのパワーを誇示する競演場になった。

永遠の仲間も、永遠のこともない国際政治の非情なジャングルの中で、ハンドルを握る際には、感情に左右されない緻密さと冷静さを装着しなければならない。


引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=025&aid=0002807773


今、韓国では割と『ジャパンパッシング論』再燃してると言うか、韓国には外交の神であるムン・ジェイン大統領様がいるから制裁を逃れた、日本が制裁されるのは気分がいいというような意見増えてます。

てか暫定で最終決定には至ってませんけどね。海運と観光が潰れ、鉄鋼と半導体に頼る韓国とは構造自体違いますし。

まぁ韓国ではムン・ジェインのあまりの従北ぶりを批判する記事もあるものの、どちらかというと賞賛ムード。

いわゆる神の一手・ノーベル賞みたいな。まぁ目的は核廃絶でノーベル賞ではないんですけどね。

韓国としては日本が世界中に叩かれ孤立する北朝鮮と立場を入れ替わるのが理想なので、かなり喜んでる。

大統領逮捕を民主化の功績として誇る韓国人の感覚では、人を引きずり降ろす事は、自己利益につながる感覚なので、その分韓国の国の格が上がったと感じるんでしょうね。