2

[アンカー]

ムン・ジェイン大統領と北朝鮮、金正恩委員長の南北首脳会談が来月27日に確定された。

2000年と2007年に続き、11年ぶりに開催される第三の南北首脳会談で初めて分断の象徴である板門店で開かれます。


[レポート]

ムン・ジェイン大統領とキム・ジョンウン労働党書記の初の首脳会談の日付が来月27日に確定された。

【統一部長官「南北首脳会談を4月27日、板門店南側地域の平和の家で開催することにしました。」]

南側首席代表と北側首席代表は、板門店北側統一各で開かれたハイレベル会談でサミットの日付などの3つの項の共同報道文に合意した。

わずか29日しか残っていないサミットに必要な実務協議も文書交換方式で続行することにしました。

今回の首脳会談の公式名称は、2018年の南北首脳会談で、サミット日程は一日になると思われます。

北朝鮮も首脳会談の準備のための共同報道文採択事実を報告したが、サミットの時期と場所については明らかになかった。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=056&aid=0010560434


ムン・ジェインとしては『キム・ジョンウンと初めて会った国家指導者』という冠が欲しかったけど、それは習近平に持っていかれた。

それではって事で、5月のトランプ-キム会談の前に、南北会談して『米中は添え物で、我々がメインデッシュ』と言いたいのが本音。

北は『米韓が段階的に平和交渉に応じれば、核も段階的に・・』と言ってる訳ですね。

この米韓が段階的に・・って言うのは、要は在韓米軍の撤退でしょう。場合によっては在日米軍撤退も入りかねない。

在韓米軍・在日米軍の撤退は、北朝鮮や中国・ロシアにとっては小躍りしたいほどのテーマですからね。

北は日米に『100万円貸してくれ』と言う訳ですよ。この100万は在韓在日米軍の撤退。

貸してくれないとわかっていつつ。万が一『じゃ100万貸す』っていう可能性もゼロではないから。

だけどホントに欲しいのは10万で、それが在韓米軍撤退。

100万貸してと言っても応じないのはわかってるけど、『100万駄目なら10万貸して』と言って、相手が断りづらい状況作ろうとしてる。

わざと高めの要求して、断られるの前提で、10万で手を打つけどそれがホントの狙い。

ムン・ジェインはオリンピック後の返礼として北朝鮮にコンサート送り込んだり、このままなし崩しに国連制裁を無視して南北交流に持っていきたいし、下手したら在韓米軍撤退のプロセスも示しかねないですね。

自分の公約でもあるんだから。トランプ会談の前に『俺がやったった』と言いたいのもあるでしょうしね。

キム・ジョンウンも『トランプ会談って言えば断ると思ったのに、まさか応じるとは・・』と驚いてるはずですし、トランプと会う間に習近平・ムン・ジェインと打ち合わせてる感じでしょうね。