1

釜山(プサン)地域の市民社会団体が韓国政府や釜山市に強制徴用労働者像の設置保障を促すよう主張した。

積弊清算・社会大改革釜山運動本部と全国民主労働組合総連盟(民主労総)釜山地域本部は3日、釜山市庁前で記者会見を行い、「外交部や釜山市、東区庁、警察などに心から勧告する。妨害策動を中断して設置運動を積極的に保障せよ」と主張した。


続いて「平和の少女像を領事館前に設置したように、強制徴用労働者像もまたここに設置されるという事実は変わらない」と明らかにした。

釜山運動本部などは5月1日、釜山日本領事館前の平和の少女像の横に強制徴用労働者像を設置する予定だ。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000001-cnippou-kr


一応、釜山の自治体としては、領事館前の慰安婦像も、今回の徴用工像も法的には違法と認識してる。

ただ世論重視の韓国でもあるし、政権は左派。排除には動いていない。

今回も『徴用工像を置けば適法でない』とコメントを出してはいるんですが、市民団体は『強行する。逮捕できるものならしてみろ』と息巻いてる。

行政は止めないと思います。もし後にムン・ジェインが『好ましくはないが適法』と言えば、国定教科書化を進めた官僚のように、慰安婦像は違法とする行政側が、政権が変わっただけで告発されて事件化する可能性も無くはない。

ましてや改憲を含めた地方選挙もありますし、外交より内政を重んじる韓国で徴用工像に反対する人はまずいない。

日本から見ても日韓の関係が回復する事に対してのハードルを韓国側が上げてくれるんですから、悪い話じゃない。

ソウルや釜山に行く日本人には不快かもしれませんが、今の日本人が韓国に行くというのは、余程のお気楽人間か情報弱者でしょ。

一般的な日本人は一切困らないし、いいんじゃないですか。

これが国外となると話は180度変わりますが。