2

日本の「抑止」... 外務省、韓国議員独島訪問計画に「非常に残念」抗議

韓国の国会議員が最近、独島訪問計画を発表したことと関連し、日本外務省が到底受け入れることはできないと韓国側に抗議し、訪問計画の撤回を要求したと日本のNHKが報道しました。


日本外務省・アジア大洋州局長は、東京の韓国大使館次席公使に独島領有権に関する日本の立場に照らして到底受け入れることは出来ず、非常に残念だと抗議しました。

在韓日本大使館も韓国外交部に抗議したと放送は付け加えました。

国会教育文化体育観光委員会ユ・ソンヨプ委員長は16日に委員と二日程で独島を訪問することにしたと明らかにしたています。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=tvh&oid=422&aid=0000312617&sid1=289


例によっての遺憾砲ですが、基本的に韓国人は日本人が嫌な感情を持つと嬉しくなるという特性があるので、遺憾砲は無駄。

本来なら『韓国議員が上陸しようと日本の領土であることがなんら変わる事は無く、むしろ漁業交渉や日韓貿易、民間の人材交流において韓国側の利益を著しく損なう事になるが、それをご承知の上か?』と直接的に、馬鹿でもわかるように言ってあげるべき。

そうでなくても日韓漁業交渉が進捗せず、今日は韓国が日本に韓国人労働者の受け入れを頼みに来て、空いた片手で竹島訪問と、外務大臣の日本謝罪要求があったんですから、そろそろ上品な対応はやめた方がいい。

外交は上品な方が勝つゲームではないから、下品な者と対応する時にはより下品に対応してもいいんじゃないですかね。

後の先を取るにしても、ことごとく効いてない訳ですから、機先を制すためにも恫喝外交も充分にありと思うのですが・・。