Q

韓国人質問者

日本は靖国神社についてどう考えているか、具体的に、今日中に教えてください〜

私は日本の靖国神社について、いくつかの事を知りました。

ところで、私は靖国神社を知り、日本が靖国神社ついて、どう考えているかも知りたくなりました

いくつか具体的教えてください。

今日中になるべく早くお願いします~~~



韓国人回答者1

韓国の国立墓地と同じです。国のために犠牲になった軍人や警察などの公務員が埋葬されています。(骨だけ)

国立墓地に行けばどんな気持ちになりますか? 敬意や畏敬の念を(少しは)感じませんか?

ところでそれ北朝鮮の立場から見れば、どうでしょうか?

6.25の時戦死した軍人たちがたくさん埋まっているから、爆破してしまいたいでしょう?

韓国 - 日本の(靖国神社)、北朝鮮 - 韓国(国立墓地)の構図です。

日本人の立場では、国のために犠牲にした方が埋もれている神社です。

日本では尊重するのが当然でしょう。

問題は、第二次世界大戦の戦犯が埋められているというものだ.....

事実、他の国は、ヒトラーだけに関心があり、日本の戦犯はあまり気にしない。

モンゴルはジンギスカンを崇拝していた。フランスでナポレオンを英雄と讃えた。

私たちとは関係ないでしょう? 他の国の人も靖国神社は関心ないでしょ

ただ、韓国では近隣の国が我が国の人々を苦しめた主犯が世界的な犯罪者(と決定された)が靖国にいると感じるでしょ

個人的な考えを明らかにすれば.....

韓国と日本は、隣接した国家として、日本は全く隣国への配慮がないと考えられますね。

個人的に靖国神社に参拝をしても関係はないが、最高指導者である首相が遠慮なく神社に参拝に行くのは、明らかに韓国を挑発する行為ですよ。

日本は韓国に謝罪や補償もしていないんです!



韓国人回答者2

靖国神社は、日本のために死んだ人を祭るところです。

そして、これをもっと観念的に表現いれば、国のために死んだ魂を護国の神として仕えるためのものでした。

日本のために死んだ人々を忘れず、その犠牲と国の重要性を再確認する役割をします。

このような役割は、一度、基本的には、大韓民国の国立墓地と同様です。

ただし靖国神社の場合、国立墓地とは意味が異なることが、過去の日本の侵略戦争で死んだ人々、特に日本の戦争犯罪者までいることです。

日本の侵略戦争を起こし主導し、また、外国人を殺し苦しめた人々まで祀られているというのです。

靖国神社の立場では、加害者でも被害者でも、すべて戦争の犠牲者だから祭らなくてはならないというもので、問題は日本の戦争犯罪を慰める役割になり、まるで日本の戦争犯罪を擁護するような意味まで持つようになるのです。

それで日本の右翼たち、過去の日本の侵略戦争を美化して、軍国主義の日本を取り戻そうと主張する人々が靖国神社を神聖なものと象徴化します。

当然韓国や中国のような周辺国としては、これらの靖国神社の存在と意味が不快でしかありません。

日本が再び侵略戦争をすることができる軍事大国に復活することを進めるために必要があり、そのような復活の心理的な推進を起こす象徴のような役割をするのが靖国神社です。

日本の立場ではなくても複雑な面があります。

ほとんどの日本人は、一般的に靖国神社に大変特別な意味を感じていないが、政治、外交的な面では、靖国神社問題が敏感です。

そしてここには、韓国と中国に
の反発心も混ざっているんです。

過去に何度も日本の首相の靖国神社参拝問題が話題になったが、日本の首相の靖国神社神社参拝は政治的に強力な日本の右翼からの支持を得て、また韓国と中国の反発的な干渉に堂々と立ち向かうという意味で日本の大衆の人気を得ることもしました。

しかし、日本国内でも、日本の右翼や
靖国神社に批判的な世論があり、日本政界やマスコミでも一般的に、通常の外交を維持するという原則があるので、靖国神社参拝を無条件に賛同していません

日本の首相が靖国神社参拝を強行して韓国、中国との関係がこじれたら、後には日本の首相が訪韓、訪中や歴史問題に関する発言で再び外交関係を回復することが繰り返されて
きました。



韓国人回答者3

日本も人が集まって住む所だから、考えや意見の違いというのがあります。

大きくは二つに分かれる様相を呈しています。

ひとつは、ニュースに最も報道に登場する極右団体を含む政治勢力。

これらは、過去の太平洋戦争(日本観点では大東亜戦争)で活躍していた公務員と軍人の子孫である場合が日常茶飯事です。

当時、日本を制圧し、日本に入ってきた米軍政は、これらのように地元をよく知っている人はいないと判断して、それらの能力を使用するために役職を保存させました。

そして、その子孫は、その代を継いで現在の日本首脳部を担当しています。

その死んだ軍人や政治家、エリート官僚が奉納されているところが靖国神社です。

だから靖国神社が一種の帝国主義の標本と呼ばれています。

したがって彼らにとっては、自分たちの祖先がいるところであり、また、自分たちの基盤になるところです。

そのため、一種の政治的行為の一部として見ることができのです。

一方、一般的な国民は反対する場合があります。

自分の祖父母や親が埋められているところだから、参拝するのは当然だと思っている人がいれば、国際的に議論が生じるところに参拝する理由がわからないという意見も多いです。

だから靖国神社に奉納された人々の中で、戦犯とされるエリート官僚や政治家、軍人首脳部を別の場所に移すという意見も出ています。

しかし、現政府も似たような脈絡で出てきた人たちだからこそ、そうするかどうかは疑問ですね。

引用元 https://kin.naver.com/qna/detail.nhn?d1id=11&dirId=111002&docId=107961793&qb=7JW87Iqk7L+g64uIIOyLoOyCrCDtj63tjIw=&enc=utf8&section=kin&rank=3&search_sort=0&spq=0



まぁ1万歩譲って、中国人ならまたわかりますよ。交戦してたんだから。

日本と韓国朝鮮が国家として交戦した事は無く、当時は日本に併合されてたんだから交戦するはずもない。

交戦してた英米の軍人も靖国に参拝して敬意を示してるって言うのに、交戦した事もない韓国が文句言うのは、被害者の立場をアピールして被害者ビジネスをする為としか、行動を見ていても思えない。

戦死者という意味なら、中国とは朝鮮戦争で甚大な被害出したんだから、中国に言えって話。

韓国中国が反対するから・・なんて事で参拝しないと言うのは、無理を通せば道理が引っ込む。

100人相手に100人全員に好かれようとする奴はたいていロクな奴ではないし、そもそも無理な話。

全員に好かれる奴が嫌いという奴が必ずいるからね。

主義主張と体制が同じ国だけ見てればいい。中国韓国は何しても文句言う2割に過ぎない。

慰安婦像にしても靖国参拝反対にしても、その度に韓国からの輸出入停止1か月でも繰り返せば、1年もしないうちに何も言わなくなる。

『嫌いたければ嫌え。嫌われてもどういう事もない』という傲慢さも政治には必要ですよ。