4

韓国GMが経営正常化のために用意された労使合意案の期限を、最終的に渡してしまった。

昨日韓国GM労使双方が福利厚生費の縮小を含む賃金団体協議交渉を行ったが終了まで、意見を狭めるできなかった。

これで韓国GMは、最悪の場合、法定管理の手続きを踏むことになる可能性を完全に排除することができなくなった。


これまでGMは提出期限をつけて労組の協力を期待してきたが、労組が崖っぷち闘争にこだわって交渉が決裂した。

しかし、米国ワシントンを訪問中のキム・ドンヨン副首相兼企画財政部長官は20日(現地時間)韓国GM労使の交渉期限を23日午後5時まで延長すると明らかにし、劇的妥協の余地は残している。

法定管理という最悪の事態は防がなければならない。

労使合意案が導出されると、群山工場の閉鎖中止となるだろうが、法定管理が開始されると、衝撃は群山を超え、全国を強打することになる。

再生を試みても、少なくとも3000人以上の大規模な構造調整を避けることができない。

裁判所が再生の可能性がないと判断すれば、清算の可能性もある。

法定管理に入った瞬間に正常な運営が不可能になり、販売網が崩れ、営業網を再回復することは困難だからである。

このようにすると、被害は韓国GMの労働者1万6000人にとどまらず、3000ところも及ぶ協力会社の従業員30万人も連鎖倒産による失業の恐怖に直面することになる。

さらに自動車部品の生態系が損傷され、韓国の自動車産業の競争力まで沈下されることが懸念されている。


これまで政府は大株主の責任、利害関係者苦痛分担、持続可能な発展方案を構造調整の3つの原則に提示しながら終盤に劇的妥結を期待している。

しかし、政府がずっと労組偏向したブーメランに戻って来て、非難を避けることができなくなった。

経営不良の責任も問題だが、労組の責任も大きい。

会社が業績悪化にも平均9000万ウォンを超える年俸要求行い、競争力がさらに弱体化したためである。

労使双方は期限延長された三日間、頭を突き合わせて劇的な妥結を模索しなければならない。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=353&aid=0000030255


GM側はここまで相手して、それでもなお鉄パイプで社長室破壊されて、韓国への出張は全面停止。

無理でしょ。鉄パイプ持って自社の経営陣脅す職員を雇う会社は無いし、口実としても充分付き合った。

日本相手の時みたいに何したって捨てられるはずがないと駄々こねてたら、本当に捨てられそうだけど譲歩するのは我慢できず暴れると言う韓国メンタル全開。

韓国国民も公金の投入は認めないし、政権も匙投げてる。

まぁ大体効率悪すぎて閉鎖しようとしてる本社に『ストライキするぞ』って、意味ないし。

さてこれで50万人が失業したら韓国はどうするか。

ムン・ジェインは公務員80万人増やすって言ってたから、全部雇えばいいのにw