2

[アンカー]

食料生産と外貨不足のせいで1千万人に達する北朝鮮の住民が食糧難に苦しんでいると推定されます。

特に5歳未満の子供の4分の1が、慢性栄養失調に苦しんでいます。

南北首脳会談をきっかけに農業技術を支援し、この問題を解決しようという声が大きくなっています。


[記者]

南と北の交流がより活発になるという期待感は、農業分野も同様です。

最近、北朝鮮の経済が成長に転じましたが、食糧事情はまだ良くありません。

国連開発計画は、北朝鮮の人口の40%が栄養不足、5歳未満の子供の4分の1が栄養失調に苦しんでいると見ています。


しかし、この問題を、北朝鮮自体で解決することは困難です。

<アンチャンイル/世界北朝鮮研究センター所長>「食糧問題はすぐに北朝鮮で独自の生産に解くのは困難でしょう。農地や肥料やして自給自足が容易でないんです」

北朝鮮の住民に最も深刻な問題である食糧難を解決するためには、肥料の供給はもちろん、種子改良と土壌の改善などの農業技術の伝播が切実だということです。

政府はすでに北朝鮮の農業の研究を進めています。


<農村振興庁の技術協力局局長>「91年から北朝鮮の主要食用作物の生産量の研究をしてきた。最近は、北朝鮮の土壌と気候に関する研究も」

農村振興庁は、北朝鮮の食糧生産を30%まで引き上げる技術も開発しています。

政府は、この技術が適用されると、北朝鮮の年間食糧生産量は150万t増え穀物輸入額は1兆4000億ウォン削減することができるものと見ています。

今回の南北首脳会談が、農業分野での協力本格化につながるなら、単純な食糧援助を越えて北朝鮮の食糧難の根本的解決に画期的な契機になることができる見込みです。



引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=tvh&oid=422&aid=0000315614&sid1=292


ね?韓国はアメリカの圧力が怖いから、北朝鮮への制裁に参加してるふりしてるだけで、本心では北朝鮮を支援したくてうずうずしてると思いますよ。

ムン・ジェインは北朝鮮出身の両親から生まれ、大統領府も統一府も国家保安法で逮捕された人たちたくさん潜り込んでますし、この前の会談は世界に対して『僕たち仲直りしたよ。攻撃しないで』と言うアピール。

具体策は0ですからね。

北朝鮮は核実験の閉鎖を公開すると言ったらしいですが、そんなの核実験しすぎて崩壊したから『元から閉鎖するしかなかったけど、核放棄のもっともらしいプロセスに見せかけよう』という腹です。

もう爆縮実験は必要ないでしょうし、あとは核弾頭の備蓄を進め秘匿して、ミサイル開発をすればいいだけ。

問題はアメリカがそれに騙されるかですが、大統領はまだしも国防総省と米軍はそれほど馬鹿じゃないと思いますけどね。

ムン・ジェインは6月の地方選挙睨んでるように、アメリカも中間選挙あるからどうなるか。

歴史的会談と言っても、アラブ・イスラエルの会談や停戦なんて、やってもやっても無駄でしたからね。