2

米国が最近、韓半島に最新鋭ステルス戦闘機であるF-22ラプターを一時配置したことを確認した。

1日複数の政府筋によると、米空軍所属のF-22ラプターが最近、米本土から移動光州飛行場に到着した。

ある消息筋は「このステルス戦闘機は、11日に開始する韓・米連合訓練マックスサンダーに出席するために来たこと」としながらも「F-22ラプターの韓国到着時点と出発時点に対して明らかにすることができない」と述べた。

光州飛行場に到着したF-22ラプターは、8台ほどという。


この日、インターネットには光州広域市の近くでF-22ラプターが飛行するシーンを撮影した写真が数件上がってきた。

F-22ラプターは、生産台数(187台)が少なく、米空軍でも貴重な戦力として挙げられる。

このため、一部では、F-22ラプターが韓半島に現れた理由を今月末に開かれるものと期待する米朝首脳会談と結びつける分析が出ている。

米朝首脳会談を控えてドナルド・トランプ米国大統領が、北朝鮮が恐れるF-22ラプターを動員し、金正恩北朝鮮国務委員長を最大限に圧迫して、万一の事態に備えたい意図とはある。

1993年7月11日、ビル・クリントン、当時米国大統領が板門店共同警備区域(JSA)を訪問した時も、すぐ後方地域に米軍AH-64アパッチヘリコプター十代と機甲部隊が待機した前例がある。

政府筋は「特に板門店で米朝首脳会談が開かれる場合、F-22が近くの上空に非常待機する可能性が高い」と伝えた。

引用元 http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=025&aid=0002817593&date=20180501&type=1&rankingSeq=3&rankingSectionId=100


この前の南北会談を見た韓国人は『あれは影武者』と言ってる人いましたけど、本物とはなかなか断定できませんからね。

トランプの首を獲る度胸はないと思いますけど、今回の米朝会談はシンガポールかモンゴルが候補地と言われてますけど、キム・ジョンウンが飛行機乗りますかね?

韓国は庇ってるから何もしないでしょうけど、中国や北朝鮮内の反体制派が撃墜をしないとは限りませんから、キム・ジョンウンはいつも列車な訳でしょ。

まぁ会談が開催されると決定したら、実務レベルである程度結果をすり合わせるでしょうし、条件で決裂したらそもそも会談流れるでしょうしね。

ラプター配置という事は、『お前らつけあがってると殺るからな』という恫喝でしょうね。