2

釜山日本総領事館の前の少女像の横に強制徴用労働者像の設置を進めていた市民団体は、労働者の日の1日警察制止に当初計画していたが、設置するのが難しくなると、この日、現在の労働者像が置かれている領事館近くのポイントに設置すると予告した。

労働者像が現在設置されている場所は、少女像の横に、日本総領事館裏門から20mほど離れた位置である。

労働者像を移そうとしたが、警察が阻止しようとしている為、当初設置を予告していた場所である少女像側とは65mほど離れている。


積弊清算・社会大改革釜山運動本部強制徴用労働者賞建設特別委員会(釜山労働者賞建設特別委員会)は、「警察がいるので、少女像までの労働者像を移動させていないが、現在の位置に労働者の賞を設置する計画だ」と明らかにした。

釜山労働者賞建設特別委員会は、前日の夜10時30分頃奇襲的に強制徴用労働者上の設置を試みた。

フォークリフトを利用して強制的に徴用労働者賞を釜山東区、日本領事館前に移動させようとしたが、警察に阻止された。

徹夜対立を続けてた市民団体は、少しずつ労働者像を少女像横に移動させ、1日午前10時45分頃、少女像の前65m地点まで移動させたが、警察が強制解散を試みた。

警察の解散しろと排除すると、10分で市民団体の会員たちは警察統制線の外に押し出された。

これまで外交部と釜山市は、強制徴用労働者賞を釜山国立日本強制動員の歴史館に立てるのが望ましいと代替案を提示してきた。

しかし、釜山労働者賞建設特別委員会側は「強制徴用歴史について、日本の公式謝罪要求のためのものであるため、領事館の前ではなく、別の場所に設置することは何の意味がない」という立場を複数回明らかにした。

現在までに、全国の4つの強制徴用労働者像が外交公館近くに設置されたことはない。

現在の労働者像が設置されたポイントは幅4mほどの道路の真ん中である。

すぐ隣には、ウェディングショップがあり、現実的に、ここに労働者像を設置するのが不可能に見えるという観測が出ており、また、他の葛藤を予想される。


釜山労働者賞建設特別委員会はこの日、「今日の夜からの労働者像を守る手段を設け、労働者像の周辺を守る」と述べた。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=001&aid=0010060149


あとは釜山市長が、韓国世論に抵抗できるかですね。まず無理と思います。

ただし慰安婦問題と違うのは、徴用工については歴代韓国政府も『日韓条約で解決済み』の姿勢を取ってる事。

これを強行すると日韓条約破棄するのかと、外交問題化が可能になる。

裁判になっても、最高裁が条約を取るのか、国民感情に従うかが相当難しい。

でも最終的には、設置される気がしますけどね。

これは区長や市長がコントロールできる範囲超えてますし、ムン・ジェインの腹一つでしょ。

日本としては、領事館前に立ててもらって、国内で領事館撤退論が起きればいいんですけどね。

むしろ韓国には頑張って銅像立ててもらい、中国の反日デモレベルの暴動起こしてもらいたい。