2

ご訪問ありがとうございます。ブログのみの更新です。雑記。

昨日はTOKIOの山口容疑者の強制わいせつ捜査について、残りのメンバーが記者会見を開きました。

テレビでは見ませんでしたが、夜YouTubeで見ました。

会見そのものの出来は極めて良く、新潟県知事や食中毒の焼き肉屋などは見本にしていいレベルのものでした。

『謝罪記者会見』としては、近年稀に見る素晴らしい出来だったと思います。



但し、TOKIOはあくまでジャニーズ事務所の社員であり、言ってみれば『TOKIO事業部の同僚』。

企業で同様の事件が起きた際に、容疑者の同僚が会見を開いて『こんな経緯でこんな気持ちだ』という事はありません。

あくまでも本来なら、経営責任者・事業部長・統括マネージャーが矢面に立ち、頭を下げ謝罪するのが筋と言うものでしょう。

ジャニーズは現場に経営者を送らず、『事業部の同僚』に丸投げした。これは一般企業ではあり得ない事です。

食中毒死を起こした焼き肉屋の会見で、板前4人が出て来て『僕らは包丁を洗っていたが、●さんは洗っていなかった。責任を感じている』と言って、話が済むかと言う話です。



私はTOKIOの松岡氏にあまり好感を感じていなかったのですが、昨日の会見では松岡氏の意見と涙に感じるものがありました。同僚としては真摯な対応と思います。

他の視聴者も同じだったと思います。ですが、不祥事を起こした事と、それは別の事。誠意は十分に感じたものの、具体案も無く、企業として不適切な対応は否めないと思います。

辞表云々についても、まずこういった性犯罪を起こした場合、通常の企業なら懲戒解雇が妥当なはず。

自分から辞めさせてくれではなく、『犯罪を引き起こし多大な損害を与えた君は解雇である』というのが、本来の筋。

それを社長が舵を切らず、厳しい判断を事業部の同僚に投げると言う事自体、終息を狙うジャニーズ事務所の狙いでしょうし、芸能事務所がいかに世間から乖離しているかの証明でもあるような気がします。



例えば朝日新聞の吉田証言のような慰安婦捏造報道や、その他の捏造報道などにも同様の感覚を感じるのですが、組織と言うものは、ある程度に発展すると組織の存続が最大のテーマとなります。

それ故に組織へのダメージを最小限に食い止めようと、申し訳程度の訂正記事を出したり、具体策の無い感情論の同情狙いの記者会見で凌ごうとする。

ただ結果としてはかなりの悪手で、短期的に批判を逃れようとしているだけで、結果として企業も捏造体質・隠蔽体質は改善されず、経営陣も刷新せず、再発防止案もない。

ジャニーズ事務所・朝日新聞と言う業界の大きなシェアを占める企業の看板と力で、事を収めようとし、企業そのものへのダメージを回避しようとしている。

ではそれで事が済むかと言えば、世間はそれほどお人よしではなく、朝日新聞は購読者を大きく落とし『古く独りよがりなオールドメディア』と呼ばれ、スマップを失いTOKIOを失いつつあるジャニーズも、被害者と同年齢の子をジャニーズに預ける保護者も決断の際に迷うようになるでしょう。



記者やタレントを前面に出し、企業経営者の責任を回避し、事件の終息を謀れば、長期的には必ずダメージは大きくなります。

昨日の会見は、ジャニーズ経営者が矢面に立ち、『犯罪行為をしたものは、反社会的行動として即時解雇とし、会社の管理責任を認め、私は本日をもって退きます』とすべきだったでしょう。

そういう点で、朝日新聞やジャニーズ事務所は、『組織の存続』と『権益の確保』を大きく取り違えています。

巨大なシェアは、読者とファンというエンドユーザーあってのもの。それを軸足とせず、現経営陣の意図と存続だけを意図する行動は、いずれ自分の上に降りかかり、『あの時、退いてさえいれば』という事になる。

松岡氏ではありませんが、朝日新聞やジャニーズ事務所は、今自分たちが『崖の下』にいる事を痛感すべきです。



※編集後記

『あんなものは演出だ』という穿った見方ではなく、昨日の会見は締め付けられるというか、きつい会見であると同時に、『それは違う』とも思いましたね。

TOKIOが5人出資の合同会社なら、あれで良いかもしれませんが、ジャニーズはあれで済ますべきでない。

ましてやスマップを失い、TOKIOまで・・という状況で行うべきじゃなかった。

経営陣は会社を我が物・我が子と思ってるかもしれませんが、それは違うんですよね。

今は守れたとしても、ジャニーズは一族経営を離れることが出来ず、時代のテンプレートがシフトしたら追いつけないでしょう。

昨日の会見は、同僚の真摯さと会社の他人事感だけが目立ってしまい、企業のリスクマネージメントとしてはかなりの悪手でした。

TOKIOの残りのメンバーへの同情は十分確保でき、今後の展開が容認される下地を作りましたが、ジャニーズ事務所の限界と世間からの乖離だけを感じさせる結果になると思います。