2

朝日新聞からの電話 私だけ匿名にするそうです

投稿日: 2018年5月3日 投稿者: 吉田 康一郎    

今、朝日新聞を名乗る電話があり、地元で近日開かれるイベントで、他の区長候補予定者は実名を紹介するが、私は記者会見を開いていないので匿名にすると言う。

公職選挙法を知る者は知っている事だが、選挙の立候補の意思表明は、選挙の告示日に立候補の届け出をするまではしてはならない。

だから、告示日までは「立候補する」と言ってはならず、「立候補する予定です」等と言う。「候補者」と言ってはならず、「候補予定者」等と言う。

そうでないと公職選挙法上の「事前運動」になり、法律違反なのだ。

「予定です」と言う限りは、公職選挙法上の「瀬踏み行為」と言って認められる。

従って、事前のマスメディアの前でのいわゆる「出馬表明記者会見」で行うのは、立候補の意思表明ではない。

記者会見をしようがしまいが、「立候補の意思表明」はしてはならないのだ。

告示日までして良い事は「立候補予定」である意思表明だけだ。

その意思は、かつては記者会見をしなければ世間に伝えられなかっただろうが、今日では、個人が意思表明する手段としては、インターネットを使ったホームペ-ジ、SNS等、様々な手段がある。

だからこそ、既存のメディアも今日では個人のHPやツイッターなどを見て報道記事にしている。

私が有名な芸能人などであったら、記者会見をしようがしまいが、朝日新聞はこの様な対応はしなかっただろう。

立候補予定者説明会に出席し、供託金100万円を既に支払い、自身の公式HPやSNSで意思表明しているのに、既存のメディアとは身勝手なものだ。


引用元 https://blog.k-yoshida.jp/2018/05/03/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E9%9B%BB%E8%A9%B1/


ご存知の方もいるかもしれませんが、吉田氏は日本のこころ所属の元都議です。

東京の保守として活動していますが、まだ全国的な知名度には厳しいのですが、自分は応援しているので、リツートなどで何度も取り上げていたのですが、ブログに記載するのは初めて。

今回、都内の住宅地である中野区の区長選に出るという事なのですが、日本のこころに所属する吉田氏だけを匿名にして、他の議員は実名報道にすると伝えたとの事。

その経緯は引用記事の通りなのですが、朝日新聞としては日本のこころに所属している保守系は報道したくないという事でしょう。

朝日新聞は、共産・立憲系の左派議員を当然推すでしょうからね。

しかし、保守ブログが報じ始めると一転手のひらを返して、吉田氏も実名にすると申し入れたとの事。

朝日新聞が反日と言う正体を隠さなくなってからずいぶんと経ちますが、腹が座らんというか、皆が気づくまでは自分に都合よく報道したり隠したりするが、批判され始めるとそんな事なかったように手のひら返すのが、小賢しいというか朝日新聞らしいです。

しかし朝日新聞が隠し敵対するという事は、朝日や反日政党にとって都合の悪い保守派と認定したも同然ですから、『朝日新聞の敵=日本の味方』的な構図で逆効果と言うか、誰を応援すればいいのかご親切に教えてくれているようなもの。

吉田氏はまだ若く、全国区の知名度はありませんが、自分の中では東の吉田康一郎西の小坪慎也と思います。

吉田氏は、北朝鮮拉致被害者の帰国・大阪市のヘイトスピーチ条例・朝鮮学校補助金など戦っている人物ですので、皆さんの応援をお願いしたいと思います。

この記事は久しぶりの拡散希望記事とします。



※編集後記

昨日は徹夜明けだったので、夜お風呂上りに横になったら、気が付かないうちにグースカ寝てしまいました。

0時に来て下さった方には申し訳でした。

GW良いんですけど、ついつい時間配分が崩れてしまいますね。