index_4-2

「トランプ?金正恩?」

小学生の息子とその友だちが2人の人名を挙げ、どちらが好きかを一斉に叫ぶという遊びに興じていて、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(きむ・ジョンウン)の名前が挙がると、5人中4人が「金正恩!」と叫んだ。

同盟国の大統領ではなく、北朝鮮の独裁者を選んだのだ。

先月の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩による南北首脳会談が童心にも影響を与えたのだろう。

インターネットとソーシャルメディアはもっとすごいことになっている。

金正恩について、「かわいい」「好印象だ」「今まで誤解していた」といった擁護コメントが相次いだ。

「金正恩を愛する会」まで誕生しそうだ。一部からは「統一後の大統領候補だ」といった賛辞が聞かれる。

金正恩の写真やグッズも人気だという。不思議な「金正恩シンドローム」だ。


今月4日のギャラップの調査によれば、金正恩に対する考えが「以前よりも良くなった」との回答が65%に上った。コリアリサーチの調査では金正恩に対する信頼度が77.5%に達した。

政府・与党も先頭に立っている。文在寅大統領は「金委員長はざっくばらんで礼儀正しかった」と述べた。共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表は「金正恩の姿に感激した」と語った。

「親しみを感じ、オープンな心」「老練で熟達している」「痛快で突破力を感じる」といった称賛も聞かれた。徐薫(ソ・フン)国家情報院長は現場で涙まで流した。

金正恩はわずか数カ月前まで大陸間弾道ミサイルを撃ちまくり、韓国を「核の火の海」にすると脅していた人物だ。今回板門店での共同宣言では非核化の「核」の字もなかった。

ところが、会談が終わるや、まるで金正恩が「平和の伝道者」にでもなったかのように韓国側が先に持ち上げている格好だ。

非核化会談に向けては、相手に対する礼遇は必要だ。

しかし、相手がどんな人物なのかを冷徹に見抜かなければ、交渉は成功しない。

北朝鮮の政権はこれまで何度も核開発と挑発の中断を約束しながら一度も守らなかった。

金正恩は4回の核実験、60回以上の弾道ミサイル発射の末、「核保有国」を宣言した。

叔父を殺害し、実の兄まで生化学兵器で殺した。

玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)元人民武力部長を居眠りを理由に銃殺するなど、政府幹部100人以上を粛清する残酷さも見せてきた。

ところが、首脳会談でのいくつかの発言や笑顔だけを見て、「独裁者金正恩」をいつしか忘れてしまったようだ。

皆が「集団忘却症」にでもかかったようだ。

一部からは既に「在韓米軍撤退論」も出ており、北朝鮮との経済協力推進を主張する意見も相次いでいる。

非核化が始まってもいないのに、気が早いと言うほかない。


これは非核化交渉で致命的な毒になり得る。

北朝鮮と金正恩がまるで正常な国家の民主的な指導者であるかのような幻想を抱いては困る。

金正恩が非核化に善意を抱いていると考えることも危険だ。それに頼った交渉は迷宮入りするはずだ。

金正恩が南北、米朝首脳会談に臨んだのは、国際的な制裁で袋小路に追い込まれたからだ。

最近、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の幹部は、韓国政府関係者に対し、非核化交渉が実現した背景について、「中国による制裁同調が痛かった」と明かしたという。

北朝鮮は今でも内部では「核保有国としての地位を認めてもらい、米国と交渉を行う」と宣伝している。

「人はなかなか変わらない」-。3代世襲に加え、核を持つ独裁者が自ら変わるというのは難しい。

しっかりと見据えなければ、過去の北朝鮮との交渉と同様、再びだまされかねない。


非核化は長く険しい道だ。相手を前にして、我々が内面から進んで武装解除してはならない。

引用元 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/10/2018051001227.html


これね、韓国人は扇動に弱いという特徴は別として、矛盾した2つの要素が働いてると思います。

一つは北朝鮮に対する潜在的な恐怖。

朝鮮戦争の頃から北朝鮮は5年間の沈黙さえなく、常に何か仕掛けてきた。

日本人拉致・韓国人拉致・大韓航空機墜落・韓国大統領暗殺未遂テロ・巡視艇撃沈・自走砲砲撃・核武装など。

もう一つは強者への共鳴振動。

韓国人だけに限らず、人間は他者の影響を強く受けますが、韓国を観察していると音叉としての感度が他民族より強い。これが扇動への弱さでもある。

今は北朝鮮への傾斜となって、問題解決がしてないにも関わらず、既に統一した気になりつつある。

韓国の『パリパリ・早く早く』という短気な気質もあると思いますけど、上の二つの要素が強いと感じる。

韓国を見ていると、これと同じ事がたびたび起きてるような気がします。

例えば日韓併合時、例えばモンゴルの支配時などね。他民族の支配を長く受け、生存に対する嗅覚と言うか、生き残りさえすれば他の物を捨てられる割りきりと言うか。

日韓併合時、今のキム・ジョンウンに対する歓迎・共感というのが、日本に対して働いていたように思います。

併合を望む署名活動とか、反対派に対する強権発動とか。

この記者が朝鮮末期なら『日本に併合で良いのか』と書き、『強国になれるのに反対するのか』と罵られていたでしょう。

韓国人が恐怖と強者への共鳴に導かれ、その笛を吹いてるのがムン・ジェインなわけですが、日韓併合時は李完用だった訳でしょう。

いずれにせよ、大きな車輪は動き出した訳で、在韓米軍撤退や西側からの離脱程度の石では、車輪は止まらないと思います。