2

北朝鮮は19日、脱北疑惑を生んでいる北朝鮮の女性従業員を韓国政府が送還して、南北関係改善の意志を示さなければならないと主張した。

北朝鮮赤十字会中央委員会のスポークスマンはこの日、朝鮮中央通信を通じて集団脱出女性従業員の企画脱北疑惑を取り上げ、「私たち女性の公民を遅滞なく、家族のもとに戻ることにより、北南関係改善の意志を示さなければならない」と述べた。

また、広報担当者は「南朝鮮当局は、朴槿恵政権が強行した前代未聞の反人倫的蛮行を認めて事件の関連を厳しく処罰しなければならない」とし「私たちは、南朝鮮当局の今後の動きを慎重に見守るだろう」と明らかにした。


スポークスマンは続いて「看過できないのは当然この問題を引き受け処理すべき南朝鮮当局があいまいな態度を取りながら内外世論の要求を無視している」とし「板門店宣言のインクもまま乾く前に南朝鮮当局が取っている態度は残念を超え失望を禁じ得られなくしている」は、論理を展開した。

また「私たちは、反共和国対決謀略捏造劇であり、極悪反人倫的犯罪行為である傀儡保守一味の集団誘引拉致事件をどのように処理するかということが板門店宣言に反映され北南間の人道的問題の解決の展望を決定するために大きな影響を及ぼすことにについて南朝鮮当局に上記させないことができない」と明らかにし、この事案が今後離散家族再会などに影響を与えることを示唆した。

それとともに「人倫及び道徳も、国際法も眼中になく、同族対決に夢中になって、私たち女性の公民を集団誘引拉致し帰順を強要した朴槿恵一味のような凶悪犯罪者は当然、国際法廷に引っ張り出して、人類の厳密な審判を下さなければなら」と要求した。

中国の北朝鮮柳京レストランの女性従業員は、2016年4月の集団脱北して入国したが、これは当時の国家情報院が企画して行われたという主張が提起されて論議がおきている。

北朝鮮は昨年から離散家族再会行事の条件で、女性従業員の送還を要求し、1月に開かれた南北高位級会談でも、このような立場を明らかにした。

引用元 http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=025&aid=0002822066&date=20180519&type=1&rankingSeq=1&rankingSectionId=100


北朝鮮から韓国に亡命したレストランの女性職員の話ですが、自分が見ている限り、韓国はずっとどっちつかずでうすらとぼけた態度。

どっちつかずというのは『韓国は脱北者の人権の為に北朝鮮へ引き渡さず、保護する』と明言しないと言う意味ね。

なにかの記者会見でも『引き渡さないよな?大丈夫だよな?』と聞かれても、『空気読め、今聞くな』的な対応。

昨日も民間人が海を使って脱北してるんですが、要は韓国が亡命者を守るかどうかと言う話。

キム・ジョンウンの顔色見て西側に属す韓国が脱北者を引き渡すか、それとも『それはそれ、これはこれ』と言って亡命者を守るか。

韓国で女性従業員の亡命は、国家情報院が言葉巧みに事実上誘拐のように韓国に連れて来たという話が出る事自体、もしかして北に引き渡す下地作りしてるのかなと思います。

なにせムン・ジェインは、反共が国是の韓国で『国家情報院の国内捜査を禁ずる』方向で動いて、まっはっきり言って左翼が活動しやすいようにして、国家情報院を無力化したい。

師匠の金大中がKCIAを解体したように、国家情報院に泥をかぶせて潰すつもりじゃないですかね。

それにしても韓国は、板門店宣言を恣意的に解釈する北に引きずられてなんでもかんでも言いなりになり始める気がします。