2

ムン・ジェイン大統領は、現在進行中の韓米連合軍事訓練が25日終了したら、南北間の高位級会談をはじめとする対話の再開が行われると述べた。

韓米首脳会談で出てきたムン大統領の発言によると、南北が連合訓練終了に合わせて協議を再開することに具体的な協議をしたものと思われる。

北は南北高位級会談が予定され、16日、突然、韓米空軍訓練を非難し協議を霧散させたことがある。

政府は、キム・ジョンウンが韓米訓練を理解したかのように説明したが、実際は違う状況だった。

これに先立ち、ムン大統領は、北との対話のためには韓米連合訓練を変更することができるという立場を複数回ほのめかしたことがある。

ムン大統領は今年初め平昌オリンピック期間に韓米連合訓練演技をトランプ大統領に要請、貫徹した。

ムン・ジョンイン大統領特使は韓米訓練の中止・延期・縮小を今年だけで5回言及した。

一部では、来月12日、米・北首脳会談で合意文が採択されると、今後韓米合同軍事訓練が消えるだろうという予想も出ている。

北が必要とするシステム安全保障の一つが韓米訓練の中断であり、韓・米大統領がこれを収容するという観測だ。

そうなれば、韓米連合訓練が、今回が最後になる可能性がある。軍の訓練は選択ではなく必須だ。

前在韓米軍司令官は、訓練のない韓同盟は破棄されることが良いと述べたこともある。

連合訓練が消えれば、在韓米軍の存在の議論も大きくなる可能性がある。

在韓米軍と韓米連合訓練が永遠である必要はないだろう。

しかし、北朝鮮の核が完全に廃棄されたことが確認され、韓半島に平和が定着された後でも、決して遅くない。

それでも今は、「OK」「検証」なしに急いで感じを与えることが多く、韓米訓練まで性急な決定の対象となるのはないかと心配になる。

北朝鮮の核廃棄も大韓民国の安保と韓半島の平和のためのものである。

65年間の平和を守ってきた韓米同盟体制を軽く見て対処することはあってはならない。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=023&aid=0003374919


まぁ北との会談前から、アメリカ潜水艦の寄港拒否とかふつーにやってますからね。韓国は。

共同訓練やらない事が慣例化したら、次はサードの廃棄を目指すんでしょうけど、アメリカ大使はハリス司令官。

ただ韓国側がアメリカに対して『出て行ってくれ』と言える場面がなかなか想定できないですよね。

ムン・ジョンインも言うには言ってますけど、左翼らしく本人の前じゃ絶対言いませんからね。

米朝会談がご破算になったら『アメリカの強欲のせいだ。もう口出すな』と扇動して反米デモを煽るか。

別にムン・ジェインも基本的にはアメリカを捨てるつもりはなく、キム・ジョンウンと同じように左右両方から利益を引き出したい考えで、その辺はやはり韓国人。

考えてみれば反日にしても基本的にはイ・ミョンバクやパク・クネなどの右派の大統領の方が激しく、左派のキム・デジュンやノ・ムヒョンの方が大人しくて実利外交でしたからね。

まぁどの道、韓国人は米軍に捨てられる可能性は爪の先ほどもないと思ってますから、まだまだ安心して反米を楽しむと思います。