3

カンギョンファ外交部長官は28日、「過去の問題は、過去の歴史問題のとおり、私たちは原則を持って続けて対応するが、両国国民間の次元の人的・文化的交流は活性化をしなければならないと(委員)皆さんにお願いした」と明らかにした。

カン長官はこの日午前、ソウルドリョムドン外交部庁舎で開かれた「韓日文化・人的交流TF」(タスクフォース)の発足式の両方の発言で、「韓日関係は、過去数年間非常に低迷にあった今年「金大中 - 小渕共同宣言」20周年を迎え活力を吹き込むかという考えから(TF)の開始になった」と述べた。


カン長官は特に「人的交流の部分で3対1程度、日本側の観光(客)などがとても減った状況」とし「一つの表象であるが、全体的に(韓日関係が)沈滞期にあり、特に過去の問題でとても刺々しい状況だった」と付け加えた。

カン長官はTF委員に「皆さんが(TF会議)通常の範囲を超えて私たちの官僚が考えることができない部分まで破格的な考えもし、良い案たくさん用意してほしい」と要請した。

前外交部は韓日文化、人的交流の活性化のための具体的な方案を用意しようと、この日TFが発足して1回目の会議を進行すると明らかにした。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=001&aid=0010111439


私の母は、若い時はテレビ黎明期のいわゆるメイクさん、結婚してからは美容師としてお店開店してたのね。

だから子供の時には、常に女性がお店にわんさかいたし、正月になれば着付けもやってた。

生け花の池坊とお琴の生田流の看板も持ってたから、常に知らない女の人を見てた。

大人になってからはいろんな仕事をしたし、カメラマン時代は女性の裏も表も見た。

アパレルも苦手な女性に囲まれて、そこそこ長い訳ですよ。

で思ったのが、『人は歩き方に知性が出て、座り方に育ちが出て、机の上に能力が出る』という考えね。

もちろん規格外の人もいるけど、そんなのは極々稀よ。この3つは基本無意識だから、その人自身が出てしまう。

靴の裏ひきずってタラタラ歩いてて院卒なんてことはなかなかないし、寝そべるように座って良家出身なんてことは殆どない。

この傾向は、特に女性に強く出るので、歩き方・座り方・机の上をみれば、それなりの情報になる。

上の写真は、訪米した際に左端にいるボルトン・右端ポンペオの前でのカン・ギョンファね。

ポンペオは国務長官、ボルトンは次期国務長官。国務長官というのは指導部に何かあった際の大統領繰り上げ順位4位ですよ。

副大統領・上院下院議長の次、要はナンパー3ですよ。その二人の前でこの態度www

そういう事ですよww  育ちと言うのは隠せないです。

そんなのに韓日関係改善と言われてもねぇ。