3

最近、在韓米軍と韓米連合軍事訓練が繰り返し俎上に載せられていることに関連し、韓国が撤収を要求すれば米軍は韓国を離れるだろうと、バーウェル・ベル元在韓米軍司令官が明らかにした。

また、在韓米軍撤収を目的に平和協定を締結するのは韓国の「死刑」に署名するのと変わらないと強調した。

ベル氏は28日(現地時間)、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)との電話インタビューで「在韓米軍撤収を目的に平和協定を締結するのは韓国を死刑にすることに署名するのと同じ」とし「核力量と莫大な兵力を持つ北朝鮮が非武装地帯の前にいる状況で、米軍が離れて南北間に偽平和協定が締結される場合、北朝鮮は理念浸透や軍事攻撃を通じて韓国を占めるだろう」と主張した。

続いて「ただ、力を通じてのみ当事国を和解のテーブルに引き出すことができる」とし「米国や韓国の誰も在韓米軍の撤収を主張してはいけない。北朝鮮軍が非核化と同時にはるか北に退かない状況で同盟分裂の試みが成功すれば韓国の終末に帰結する」と警告した。

ベル氏は「平和協定は非核化のほか、北朝鮮の兵力をかなり縮小する結果をもたらさなければいけない」とし「この場合、平和協定の特定の条約が在韓米軍にも影響を及ぼすかもしれないが、相当規模の北朝鮮地上軍を減らさずに在韓米軍の撤収を話すのはとんでもない」と述べた。

更に「北朝鮮が平和を望んで在韓米軍の変化を望む場合、自ら兵力を縮小すべきだ」と要求した。

しかしベル氏は「韓国政府と国民が歓迎して必要とする場合に限り、米軍は韓半島(朝鮮半島)防御のために強力に残る義務がある」とし「韓国が米軍に出て行けと言えば米国は離れるはずであり、その時から韓国は中国、北朝鮮と直面し、自ら運命を決めなければいけない」と主張した。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000006-cnippou-kr&pos=4


現在、韓国が『米朝会談で北の体制保障の一環として、米朝不可侵条約はどうか』と言い始めてますけど、北や従北左派が言い出すのは想定内。

ずいぶん前から書いてますけど、米朝が正常化して平和条約や不可侵条約に進めば、一番損をするのは間違いなく韓国。

韓国から米軍が撤退すれば、米韓相互防衛条約は空文化しかねないし、北が南進を始めたとしても、アメリカが止めに入らない可能性もある。

ムン・ジェインは南進まで想定してないとしても、アメリカを中立的な立場にして、北が情報戦・世論選を有利に運ぶのを期待してるはず。

当の韓国人は質問サイト翻訳で紹介し続けてきたように『米軍撤退は天地がひっくり返ってもあり得ない』というのが多数派。

といえ統一部のムン・ジョンインは『米軍を追い出すのは可能』的な事言い続けてるし、米軍に対するデモも増えてる。

この前の会談流れの時もそうですけど、左派は『トランプが約束破った。キム・ジョンウンかわいそう』と連呼してた訳。

当然、会談が決裂すれば韓国人は反米に流れやすくなる。

何故なら一般的な韓国人にとって米朝会談は非核化の為でなくて、南北統一の序章と捉えているから。

だからこそアメリカを排除して、民族度同士で話を付けようという意見が目立つ。

しかし、それこそが北朝鮮の赤化統一の第2段階なんだけど、韓国人は気が付かないというか、敢えて見ない。

要は韓国人にとって、名分や感情は論理を超える志向の存在という事。それを人は馬鹿と言います。