14923251


今月、東京・渋谷区の路上で、会社員の男性が刃物で切りつけられて大けがをした事件で、韓国人の46歳の男が警視庁に出頭し、事件への関与を認めていたことが捜査関係者への取材でわかりました。


警視庁は男が事件に関わったとみて殺人未遂の疑いで30日にも逮捕する方針です。


今月18日の夜、東京・渋谷区神山町の路上で、神奈川県に住む48歳の会社員の男性が突然、男に後ろから刃物で首を切りつけられて大けがをしました。

警視庁は殺人未遂事件として捜査を進めていたところ、事件の翌日、韓国人の46歳の男が渋谷警察署に出頭し、事件への関与を認めていたことが捜査関係者への取材でわかりました。

警視庁などによりますと、被害者の男性はNHKの業務委託先の映像制作会社の社員で、当時は仕事を終えてNHK放送センターを出た直後だったということです。


警視庁は現場の状況などから男が事件に関わったとみて殺人未遂の疑いで30日にも逮捕する方針です。


引用元 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180529/k10011457581000.html



NHKと言えば、韓国の放送局も入ってますし、しばき隊幹部がNHK職員だった事もわかって、抗議と確認の電話がNHKに相当入ってるようですが、回答はしていないようです。

産経の報道を見ると、不法滞在の入管法違反でも逮捕されていますから、本土の韓国人らしく、出頭時には『NHKの報道内容に腹が立ってやった』と供述したようです。

しかし、いきなり後ろから刺されるとは、避けようがない。


日本と韓国は犯罪者引き渡し条約があるとはいえ、その条件をクリアするのはなかなか難しいし、重大犯罪は交渉は外交ルートになりますから、大概は実行したら翌日には帰国するものなんですけどね。


韓国の銅像になる韓国人は『日本人殺し』ばかりですから、この犯人も懲役終わって韓国に帰れば『日本で差別され戦ったのだ』と言えば、銅像でも建つんじゃないですか。


いずれにしても社会の公器たるマスコミに対する理不尽な暴力事件、朝日新聞・毎日新聞・東京新聞などの在京メディアは、犯人の実名を挙げて真相の究明に当たってくれる事でしょうw