3

中国で日本軍軍服姿のコスプレが再登場している。

中国を侵略した日本を崇拝する式のコスプレが再登場し、ネチズンたちの激しい非難を浴びている。

国営チャイナデイリーによると、中国では第2次大戦当時、日本軍軍服姿で結婚祝い車列を率いる男性の姿がインターネットに広がった。

27日天津市で撮影された10秒のこの映像では第2次大戦時の日本軍が主に使っていたクローンライフルを等結び旧式バイクに乗ったままの男性が登場する。

彼は車の行列が始まる前のカメラに向かって両手の親指を立てた。

中国のネットユーザーたちは、日本国籍ではないながら、日本の軍国主義を崇拝し、自分たちの国籍を恥じる人々を「精神的日本人」と非難した。

ネチズンの非難が続くが、男性は、最終的にインターネットに「当日撮影した抗日インターネットドラマで日本軍の役割を引き受け友達の結婚式に出席し、服装を変えて着る時間がなかった」と謝罪映像を記録した。

それでも、中国内では「精神的日本人」が日本の軍服姿で抗日戦争時期(1931〜1945)の関連記念の場所で撮影を行って抗日英雄を蔑むなどの行動を懸念する声が多い。

チャイナデイリーは「ここ数年、日本の軍服を着て抗日戦争記念の場所に行って撮った写真をインターネットに載せる「精神的日本人」の事例が、中国人の怒りを刺激した」とし、このうちのいくつかは、公の秩序を乱した容疑で訴えて数日間拘留処分を受けたと伝えた。

去る2月にも日本軍服を着て、南京の抗日遺跡で「コスプレ」をした中国の分別がない青年が、ネチズンの激しい非難を受けた。

中国の環球網によると、当時のウェイボにモザイク処理で顔を隠した青年2人が第2次大戦の時期、日本の海兵隊の着用をしたまま、日本の小銃を持っている写真が上がってきた。

軍服マニアたちに見られるこれらの日本人と本人を同一視する中国内正日団体の会員であると推定された。

写真を投稿張本人は、昨年8月にも、上海の抗日遺跡の一つである蛇行倉庫付近で日本の軍服を着て写真を撮ってあげたが、警察に行政拘留された前歴がある人物だ。

中国内の世論は、このような行為が烈士の英霊を侮辱する売国奴と非難した。

日本侵略美化行為が相次ぐ為に、ついに政府も対策に乗り出した。

去る4月、中国国会格である全国人民代表大会常務委員会に提出された「英雄烈士保護法案」は、日本の中国侵略美化行為を禁止して強く処罰するように規定した。



引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=014&aid=0004031017


先日、海外のCNNだかFOXを見ていたら、台湾女性と結婚した欧米人が、酒に酔って額に『台湾は台湾』とタトゥーを入れていて、アジアのどこかに行った際に中国人の集団に囲まれ、『台湾は中国と言え』と強要されて、『台湾は台湾』と言い張ったところ、集団暴行を受けたという事件がありました。

まぁ中国人一人だったら、絶対にそんないちゃもん付けられるはずないですけど。

取引先に中国人がいる会社いるのですが、常に喧嘩になる。

出たとこ勝負で先の事一切考えない。今さえよければいい。金にさえなればいい。

それでは駄目だと説明しても理解しない。出来ないんじゃないですよ。しないんですよ(怒)

先日は誰にも相談せず、会社の商品を勝手にブログで直接販売し始めて大喧嘩。

出荷とかメールとか在庫連携とか全部無視して、『売れる=金になる』としか考えない。

韓国人批判する人多いですけどね、実際に商売する相手として最悪なのは『中国人とフランス人』ですからね。

以前書いたけど『我儘・独善的・がさつ・無責任・言い訳』ね。

もう今日さえよければ明日の事は考えない焼き畑発想。

自分勝手に始めて、システムや他との整合取れず、休みの日に『よかれさん、やっといて』と連絡来て、『お前がやった事。自分でやれ』と拒否したら、社長まで行って『よかれさん、なんとか』『嫌だ。断る、あいつにやらせろ』になって、最終的に詫び入れてきましたけど、本人はどこ吹く風という・・。

ホントね・・外国人相手にしてると、『人類ってまだ感情だけで生きてるんだな』って実感します。

感情をコントロールできるのは、稀有ですよ。稀有。