index_4-2

南北は1日ハイレベル会談で、開城工業団地の共同連絡事務所を設置することに合意した。

2016年2月に開城工業団地全面中断後に脈が途絶えていた南側人員の北側滞在が再び表面化したものである。

南北の常時コミュニケーションチャンネルがもう一つできたという意味もある。

南北はこの日、開城工業団地に共同連絡事務所を設置する問題を4・27板門店宣言の履行最初の事業として実施することに最初に合意したと、統一部が明らかにした。


南側は全体会議で「南と北が信頼と相互尊重の精神に板門店宣言を迅速かつ体系的に移行していくことが重要である」との共同連絡事務所箇所を提案した。

北側は「共同連絡事務所の設置は、板門店宣言の履行の最初の措置として推進されている事業だ」と答えたと統一部は伝えた。

北側は「開城工業団地内の施設を長時間使用していない為に改修が必要だ」と述べ、できるだけ早く稼働しようという立場を見せたと統一部は伝えた。

南北は4・27板門店宣言で、開城工業団地の共同連絡事務所の設置に合意した。

ソウル・平壌連絡事務所の設置への中間段階の性質である。

南北は1992年ハイレベル会談から連絡事務所の設置の問題を議論したが、実現しなかった。

2005年、開城工業団地に南北経済協力事務所が用意されて実質的に連絡事務所の役割をしたが、2010年5・24措置で閉鎖された。

引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=267&oid=032&aid=0002873261



韓国は北との会談で、南北直結道と鉄道建設に合意して、準備を進める方針のようですが、米朝会談が開催されるかの最終決定も出てないのに勇気があるというか、蛮勇と言うか。

国連決議の制裁は生きてますし、ムン・ジェインは北さえ支援できるなら世界を敵に回してもいい覚悟なんでしょう。

なんと言うか韓国人の血縁至上主義の極まった形のようにも見える。

もし会談が流れて軍事的オプションになったとしても、韓国はアメリカを支援しないでしょうね。

ワシントンの高官が言ってたように『日米vs韓朝』になりかねない。

まぁ日本としては公然と韓国を断ち切るいいチャンスですから、悪い話じゃないですけどね。