2

1日(現地時間)、ホワイトハウスで行われたドナルド・トランプ、米国大統領とキム・ヨンチョル労働党対南担当副社長兼統一戦線部長の議論が正常に終わり、来る12日に予定されて、シンガポールで朝米首脳会談の開催が確実になった。

これまで北 - 米首脳会談が本当に開かれるか懐疑的見方が少なくなかった点に照らしてみると、会談を既成事実化したということだけでも、キム・ヨンチョル副委員長の訪米は、十分な成果を収めたと言える。

信頼が交渉を可能にし、時には対話を通じて信頼を築いていく場合をしばしば見る。

長年敵対関係にあった北朝鮮と米国が、様々な実務接触とキム・ヨンチョルの米国訪問、キム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長親書伝達などを通じて少しより「非核化交渉」の成功のための信頼を積んだようで幸いだ。

このような雰囲気が、シンガポール首脳会談だけでなく、その後の過程でもつながることを期待する。

トランプ大統領がキム・ヨンチョル副委員長と会った後、発言した内容を見ると、首脳会談の開催を確認のほか、目を引くのが少なくない。

トランプは「私は(キム・ジョンウンとの会談が)一度と言われたことがない」とし「その過程(プロセス)は、シンガポールで12日に始まるだろう」と述べた。

既存の「一括妥結一括移行」方式から脱して、核・ミサイル廃棄円時間がかかるという点を認めたものと解釈することができる。

「段階的非核化」を主張する北朝鮮との意見の相違が解消されたと見るのは難しい、トランプ大統領がもっと現実的に北朝鮮の核問題を見ているという肯定的信号に読まれる。

特に「朝米首脳会談に先立って(韓国戦争)終戦議論があるだろう」とトランプ大統領が明らかにしたのは注目に値する。

シンガポール朝米首脳会談に続いて、韓国政府が推進してきた「南・北・米終戦宣言」が可視化する可能性を高めたからである。

米国政府は、平和協定の締結以前に韓国戦争終戦宣言を先にすることに、否定的な気流が相当あると知られている。

今トランプ大統領が直接取り上げたので、状況は変わったわけだ。

「終戦宣言」は、世界で唯一の冷戦が終わっていない韓半島で戦争が終結され、平和と和解・共存に向けた巨大な波が開始されたことを、全世界に知らせるという象徴的な意味が大きい。

また、「非核化とシステムの安全保障の交換」の時間上の不一致が原因で、北朝鮮が持つことができる不安を解消するという次元でも重大である。

非核化に集中するのに実務的な余裕がない場合は、あえてシンガポールがなくても、7月27日停戦協定記念日に合わせて「終戦宣言」をする案もある。

どのような形式でも北 - 米首脳会談が南・北・米首脳の「終戦宣言」につながることを期待する。


引用元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=028&aid=0002412309


韓国のマスコミを見ると、『非核化なんてどうでもいいから、とにかく北朝鮮の希望を聞いてやって欲しい』と言う意見が目立つ。

もちろんアメリカが非核化を求めていると理解していて、『大切なのは非核化の具体案』という日米的な意見もあるが、『自由韓国党の広報か』と批判される雰囲気。

日米の要求がきつい事もわかっているので、『なぜ日米が口を出す民族同士で決めればいい。日米は出て行け』という声も少なくない。

韓国としては北朝鮮に実施可能な名分を与えたい部分があり、後の展開を考えると韓国に有利になりえる終戦宣言にしたい。

終戦となれば、韓国に駐留する国連軍約50人程度が撤退し、国連軍としての米軍が撤退する為の先触れになり得る。

同時に日本の横田にいる国連軍も引く事になり得るので、有事の際の自由度が大きく減る。

また終戦となれば、一般的には平和条約・正常化が出てくるので、核保有したまま・・また後で裏切るにしても、事実上の大きな譲歩をせずに、軍事的圧力をあらかじめ減らす事も可能になる。

ただし韓国自身としては、米朝が終戦となり、韓国から米軍が引いて正常化となれば、南北紛争となった時に支援国が無くなる可能性も無くはない。

ただ韓国は完全にそこまで考えておらず、とにかく北の体制保障して統一に近づけば何でもいいという雰囲気を感じる。