1

「祖国は、知らない国の一度も会ったことのない人々を守れという呼びかけに応じた我々の息子・娘たちに敬意を表する」。

米ワシントンD.C.の韓国戦争(朝鮮戦争)参戦勇士記念公園に刻まれている言葉だ。

韓国戦争について、米国の軍事顧問ハウスマンの回顧録には「ハーバード大学の古風な礼拝堂の壁には、韓国戦争に命をささげたハーバード出身の兵士たちの名前が銅板に刻まれている。

米国は1都市に1人いるかどうかの『米国の希望たち』を韓国の自由を守るために送り出した」という文もある。

米国は韓国戦争で5万4000人の命と10万人の手足を韓国のためにささげた。

絶体絶命の危機の時、米国は韓国の恩人だった。

しかし、韓国の歴史で常に米国が韓国にとって恩人だったわけではない。

1905年9月、セオドア・ルーズベルト米大統領が派遣したアジア使節団が大韓帝国を訪れた。

高宗と大臣たちは日本に国権を奪われる危機に直面していたが、「米朝修好通商条約」に基づいて米国が助けてくれると期待し、使節団を手厚くもてなした。使節団長のウィリアム・タフト陸軍長官が日本で桂太郎首相と「日本の大韓帝国支配を承認する」という密約(桂・タフト協定)をすでに結んでいたとは、夢にも思わなかった。

使節団訪問から2カ月後に乙巳条約(日本名:第二次日韓協約)が締結され、大韓帝国は外交権を日本に奪われた。

1950年1月、ディーン・アチソン米国務長官が韓国に不意打ちを食らわせた。

米国の極東防衛線をアリューシャン列島・日本・沖縄・フィリピンを結ぶ線に定めるという「アチソン・ライン」を発表、韓国を防衛線から除外してしまった。

これは、後の北朝鮮国家主席・金日成(キム・イルソン)にとって南侵挑発の決断をしすくする要因の1つとなった。

1971-72年、国家安全保障問題担当のキッシンジャー米大統領補佐官は中国の周恩来首相との秘密会談で「米国と中国が韓半島(朝鮮半島)で排他的に利益を共有」することに合意した。

キッシンジャー補佐官は米軍が撤退する場合、日本軍が韓国に駐留する状況についても言及した。

キッシンジャー補佐官が同席したニクソン大統領と周恩来首相の会談で、ニクソン大統領は「南であれ北であれコリアンは衝動的な人々だ。重要なのは、我々がこの衝動的で好戦的な人々が事件を起こし、我々の国(米中)を困窮に陥らせないよう影響力を発揮することだ」と言った。

韓国がいない場で韓国の運命をもてあそんだのだ。

あと数日すれば、ドナルド・トランプ米大統領が韓国の運命がかかる問題で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談する。

「一括妥結」「短期間内の完全な核廃棄」を公言してきたトランプ大統領は、金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長に会った後、言葉を変えた。

「6月12日の米朝首脳会談は1つの過程であり、始まりだ」「ゆっくり進めることもできる」と言った。

「一括」と「短期間」は消え、北朝鮮が主張してきた「段階的廃棄」「ゆっくり」に近づいた。

しかも、北朝鮮の核廃棄と北朝鮮支援にかかる資金は「韓国が出すだろう」と言った。

マイク・ポンペオ国務長官も「米国の目標は、我々が座っているまさにこの場所に(北朝鮮が)核兵器を発射することを防ぐことにある」という奇妙な発言をしたことがある。

トランプ大統領と金正恩委員長の会談で、韓国を脅かす北朝鮮の核はそのまま残し、米国を脅かす大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する核兵器のみ取り除くという、

韓国としては最悪の取引が成立することになるかもしれないという疑念は杞憂(きゆう)ではない。

そうした合意でトランプ大統領はノーベル平和賞を受賞することになるかもしれない。

大韓帝国を裏切ったルーズベルト氏は、日露戦争終結を仲介した功績で1906年にノーベル平和賞を受賞した。

キッシンジャー氏もベトナム独立同盟会(ベトミン)のレ・ドゥク・ト氏とベトナム戦争終結のためのパリ協定を結んだ功績で1973年にノーベル平和賞を受賞した。

その協定で米軍はベトナムから撤退したが、ベトミンは2年後にベトナムに侵攻し、陥落させた。

協定は詐欺だった。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00001253-chosun-kr


韓国の恨み節なんですけど、『では何故韓国が軽く見られるのか』とって事を自問してないですよね。

常に列強を引き込んで、あっちにもこっちにもいい顔して、利益となったら手のひら返す。

手のひら返しもある程度までなら理解は出来ますけど、韓国の手のひら返しは味方が許容する範囲超えてますからね。

親米保守のパク・クネ政権でさえ、中国でレッドチーム入りし、ムン・ジェインはアメリカ海軍の潜水艦を寄港拒否。

アメリカの大使を刺し、トランプに石を投げ、アメリカ大使館前でトランプ大統領人形を叩き壊す。

半島有事の危険性に、日本が邦人退避計画を求めても完全無視。

韓国が話し合いを求める時は、関税やら通貨スワップやら漁業権やら自分の都合の話の時だけ。

人に忠誠を求めるなら、自分どうかと考えるべきなんですが、韓国には客観性が無いですし、自己評価が高すぎる。

だから冷静な判断が出来ず、状況が読めず、常に最悪のタイミングで最悪の選択を繰り返すんですよ。