4

新潟県の米山隆一前知事の辞職に伴う県知事選は10日投開票され、無所属新人で元副知事の花角英世氏(60)=自民、公明支持=が、いずれも無所属新人で元県議の池田千賀子氏(57)=立民、国民、共産、自由、社民推薦と、元同県五泉市議の安中聡氏(40)を破り、初当選を確実にした。

選挙戦は、与党が支持する花角氏と、立憲民主党など野党5党の推薦を受けた池田氏による事実上の一騎打ち。

与野党とも来年夏の参院選の前哨戦と位置づけ、野党各党は森友・加計学園問題など安倍晋三政権への批判も交えながら、総力戦で選挙戦を戦った。

花角氏の勝利を受け、与党は終盤国会でカジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案など重要法案の成立に全力を挙げる。

9月の自民党総裁選での安倍首相(党総裁)の3選にも追い風になるとみられる。一方、野党は参院選に向けた野党共闘の戦略の見直しを迫られそうだ。

花角氏は国土交通省で要職を歴任し、副知事も務めた行政手腕を強調。政党色を薄めた「県民党」の姿勢を貫き、地元企業や支援団体など組織票を固めた。

一方、池田氏は野党5党の党首らを応援に招き、森友・加計学園問題を持ち出して官僚出身の花角氏を徹底攻撃する戦略を展開。「反原発」を強調したが、及ばなかった。

争点となった東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働問題については、花角、池田両氏とも米山前知事が始めた検証作業を継承するとして慎重な姿勢を示していた。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000550-san-pol



とりあえず新潟知事選は、自公が勝利しました。新潟県民の皆さん、投票お疲れさまでした。

野党は『安倍政権の信任選挙』と言っていたのですから、安倍政権が信任されたという事ですね。

とはいえ、これといった実績も無い無名女性候補相手にこれほどの接戦になったのですから、やはり左翼の自治労の力は大きいと思います。

左翼は『野党オールスターで応援したのに敗れるとは・・不正選挙ではないか』と『不正選挙ガー祭』が始まっていますが、普通の感覚から言えば『左翼オールスターで応援したから負けたんじゃねえの?』と思うんですけど・・。

ザ・逆効果って感じだったと思うんですけどねw 新潟県民、ひいちゃってたでしょ。あのメンツに。

同日行われた中野区長選では、日本のこころの吉田氏は敗れ、共産立憲系が現職を破り勝利。

吉田氏も保守系サイトで大きな流れが出来ていましたが、残念でした。中野には引っ越さねー。

まぁ保守派は『不正選挙ガー』とわめいたりしませんけど。

今回の新潟知事選を振り返ると、国政選挙でないにもかかわらず、注目されましたし、ネットが大きく作用したようにも見えますね。

57パーという高めの投票率は、普段選挙に行かない中間層や若者層が動いたという事だと思います。

うちも国政選挙でないのに新潟知事選と中野区長選で珍しく選挙記事連発しましたけど、保守系サイトが力を合わせて保守政党と候補を支援する流れが、これで固まるといいなと思います。

保守系サイトや翻訳サイトも、そろそろ力を合わせて保守の岩盤を固める体制を作れたらいいなとつくづく思いますね。