2

2018年6月18日早朝に発生した大阪北部地震。大阪府内を中心に近畿一円で広い被害を出し、余震が続いている。

この地震を受け、台湾の蔡英文総統は、いち早く自身のツイッターでお見舞いと早期復旧を祈るメッセージを表明した。

一方、中国では地震第一報がネットニュースに伝わるや、コメント欄が「お祝いの言葉」で埋め尽くされてしまった。

中国の代表的なネットニュース「テンセント」で見られた、典型的な祝賀コメントは以下のとおり。

《◯◯省人民よりお祝いを申し上げます》

日本は国の仇、敵の不幸は何よりの慶事ということで、世界の人々が日本へ同情を寄せるなか、中国のネット民は「祝電」を送ってしまうというのだ。

「『北京から~』『四川省から~』『チベット自治州から~』と、地震の被害が甚大であればあるほどお祝いの言葉も増えていき、表現も過激になる傾向にあるように思います」


こう語るのは中国のネット事情に詳しいジャーナリスト・もがき三太郎氏。

テンプレート化された祝意表現に飽き足りず、愛国ネット民によるヘイトメッセージは心ない言葉が並ぶ。

《男は地震で全部死んで、女は中国用に生き残ればいい》

《なんでマグニチュード6.1なんだ? マグニチュード16.1の地震で日本人なんか全員死ねば最高なのに!》

もがき氏によれば、このような敵意むき出しな書き込みも、まだおとなしいほうだという。

「世界中でヘイトスピーチが問題になっていますが、人を罵る表現にかけては、日本語など中国語の足元にも及びません。

ここでご紹介できないような容赦のない言葉を、我々日本人は地震が起きるたびに、隣国から浴びせられているわけです。

大半の日本人は中国語のニュースサイトなど見ませんし、何を書かれようが中国語が読めない以上、とりたてて実害はないのですが、東日本大震災から続く中国ネット界の定番現象ですね」

もちろん、中国にも良識ある人々は大勢おり、コメント欄には「こういうことを書く奴こそが国の恥」といった反論のカウンターが入る。

近年は良識派の書き込みに多くの「イイネ!」が見られるようになったというが……。

「とはいえ、13億もの人口を擁する中国では、実際に日本人と交流を持つ機会など一生ない人が圧倒的大多数を占めます。反日教育だけでなく、毎日テレビをつければ必ず放送している抗日ドラマの影響は、決してバカにできません。

そもそも、ネットに厳しい検閲がある国でこのような書き込みが放置されているのは、うがった見方をすれば、中国共産党が一般大衆の不満のガス抜きとして黙認している可能性もあります。

将来の日中関係について、あまり明るい未来を想像できないというのが個人的印象です」(もがき氏)

日中対話路線がなかなか進まないのもむべなるかな。


引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/14891356/



保守ブログの中には、嫌韓ブログというカテゴリーがあり、感情的な嫌悪感を表に出す人がいるのですが、相手としては違うんですよね。

本来、日本の相手は中国。大きな矛盾を抱えた歪な相手ですが、本来の規模とポテンシャルを取り戻しつつある。

うちは嫌韓ブログでなく反韓ブロクで、更に強硬な反左翼ブログだと思いますが、中国と韓国どっちが苦手と言われたら、間違いなく中国。

どっちかに住まなくてはならないとしても、中国と韓国なら韓国を取る。

日本・韓国・中国というのは三つ巴の関係ですけど、ドイツ・ロシア・ポーランドもこんな感じでしょうか。

というのは、実際に韓国人中国人と付き合うと、自分の心の中で中国人の方に対する拒否感が強い。

仕事の仕方や些細な言動ですよ。中国人の方が圧倒的にがさつで独善的というか、物事に対する改善の意志が無く、行動の原因はほぼ全て金銭。

これ基本レベルの知識レベルというか教育レベルに対する嫌悪感じゃないかと、自分では思います。

もちろんどちらも基本反日の国ではあるんですが、中国の方が共産党指導で反日を畳み込まれ、市場原理を導入しつつ、共産主義で、国民がほぼ全員拝金主義という事に対する嫌悪感。

まぁ韓国も北も最終的には、赤組に組み込まれていくので、収束されていくんでしょうけど、中国の方に絶対的な異質感は感じますね。

伝わりますかねぇ・・。