2

2020年から韓国の小・中・高校で使われる教科書では、「自由民主主義」の「自由」がなくなり、「韓国が韓半島(朝鮮半島)唯一の合法政府」という記述も姿を消すことになった。

韓国教育部(省に相当)はきのう、新教育課程の改正案を発表し、行政予告を経て来月確定させたいとした。

教育課程・教科書執筆基準の試案が出た先月の時点では「最終決定ではない」としていたが、結局、問題になった部分を修正せず原案通りに通過させた。

前政権の教科書を「積弊」(積み重なった弊害)と決め付け非難してきた現政権が、教科書を一つ二つと、自分たちの好きなように変えていっているのだ。

教育部は、「自由民主主義」は民主主義が内包する自由・平等・人権・福祉など多様な要素のうち一部だけを反映していることから「自由」を取り除いた-としている。

韓国憲法は、韓国の基本原理が「自由民主的基本秩序」であるとはっきり明らかにしている。

左派勢力は、本心では「政治的自由民主主義と経済的自由市場経済」が嫌いなのだ。

左派は、今度は韓国憲法から「自由民主的基本秩序」を取り除こうとするだろう。

教育部は、間もなく発表する教科書執筆基準から「韓半島唯一の合法政府」という表現をなくすという。

これまで一部左派勢力は、1948年12月の国連総会決議の前段・後段を巧妙に編集し、「韓国は38度線以南で樹立された唯一の合法政府」という詭弁(きべん)をまき散らしてきた。

たびたび騒ぎ立ててきたその主張が、教科書に載ることになったのだ。

左派は「自由」が嫌いなだけでなく、「韓国の正統性」もまた嫌悪している。

新教育課程では、6・25戦争(朝鮮戦争)における南侵の主体が誰なのかもあいまいに表現したという。

韓国の正統性を損ない、自由民主主義の価値をそごうとする勢力が、執拗(しつよう)かつ緻密に教科書を変えようとしている。

李洛淵(イ・ナクヨン)首相は今年の初め、教科書執筆基準を巡る論争が起こると「同意しない。首相が同意しなければ、政府の立場ではない」と言った。

だが結局は、そのまま政府の立場になった。

首相も統制できない何らかの勢力が国の教育を支配しているのか。

このでたらめな反韓国の教科書で、なぜ自分たちの子どもだけでなく他人の子どもまで染め上げようとするのか、理解できない。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00001167-chosun-kr


まぁ今でさえ左派教育は徹底されていて成功してるんだから、今後はさらに激しくなる。

反米反日路線が強化されるが、反米は報復を受ける事あるから、表立って激しくなるのは反日。

南北が手を取り『日本が悪い。謝罪と賠償を』言い出し、陸軍を削って海軍に注力し始める。

まぁ日本とアメリカは、韓国支援という無駄な事に時間と金を注ぎ込んで、それが失敗したという事。

結局、韓国は中国あっての韓国だし、気質的にも自由陣営向きじゃない。

共産国家が破綻して民主化していきほとんど残っていない状態で、赤化しようって言うんだから止めようもない。

まぁ自分たちで保守を潰しておいて、『左派が怖い』とは笑止千万ですけどね。