2

日本が最終戦で敗れても2018、ロシアワールドカップ16強に進出した。

しかし、後半終盤見せた時間稼ぎは眉をひそめるようなものだった。

日本は29日(韓国時間)、ロシアヴォルゴグラードアリーナで行われたポーランドとロシアのワールドカップのH組別リーグ3次戦で0-1で敗れた。

日本は1勝1分け1敗(勝ち点4)を記録し脱落の危機に集まったコロンビア(2勝1敗・勝ち点6)がセネガルを1-0で保持ながら2位で16強にチケットを占めした。

日本はセネガルと得失点差、得点、対戦成績などすべて同率を成したフェアプレーのスコアから先にかろうじてトーナメントに進出した。

ポーランドは2連敗後の初勝利をおさめて有終の美をおさめた。

この日、16強進出を確定する日本と、すでにグループリーグ敗退が決定した、ポーランドの退屈な攻防戦が続いた。

退屈な試合は後半、ポーランドが先制ゴールを決め、火がついた。

後半14分クジャーとのFKを受けたベッドナレクが右足ノンストップ撮影で日本のゴールネットを揺らした。

ポーランド今大会第二得点だった。

後半終盤セネガルと、コロンビアの試合で、コロンビアの先制ゴールが出る日本は長谷部誠を入れ守備を強化した。

日本とセネガルの勝ち点、得失点差、相手戦績、多得点がすべて同率を成しながらフェアプレースコアで順位を付けなければならない状況。

セネガルはイエローカード5枚、日本は3枚で、日本が先に出て行った。

その後、日本は完全に守備的に下げ、意味のないパスで時間を過ごした。

ゴールを決めた、ポーランドも勝利に満足しているように攻撃的に出なかった。

観客を欺く日本のプレーはブーイングを呼び起こし、10分間自陣でのパスだけ取り交わし千辛万苦の末、16強に上がった。

この日、日本は今大会、アジアのチームに唯一16強に上がったが、最後の過程で見せてくれた姿は、世界の人々の祭りにふさわしくないプレーだった。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00785953-soccerk-socc


ん?日本代表叩かれてます?茶のしずくも何か言ってるみたいだし・。

昨日の状況なら、進出ありきで時間経過を狙うのはリスキーでもアリじゃないですか?

あそこで果敢に攻めて失点したりカード取られれば、必ず叩かれますし。

負け覚悟で特攻して『負けたけどよくやった』と言うのがいいのか、アマならそうでしょうけど・・。

システムを利用して、ルールにも反してませんし、あれが駄目なら予選の段階から完全サドンデス決着のトーナメントにするしかない。

格上だけの予選の中で、あそこにいる日本人はトップ中のトップ、1億2000万分の20数人でしょ。

人生の殆どをサッカーに費やしてきて、何千キロも走って、何万回もパスしてきたあの人たちでさえ、何としても結果を残さなくちゃと思っててて、選択したのなら、多分それが正しいと思いますけど・・。

次の試合勝てばチャラですよ。当然、それは本人たちがよくわかってるはず。次は死ぬ気で行くでしょ。