2

ご訪問ありがとうございます。ブログのみの更新です。雑記。

この画像の件、ご存知の方もいると思います。簡潔に説明します。

高須クリニックの院長が、戦時中の慰安婦の給与明細の記事について『慰安婦が売春婦だった証拠が・・』とツイートして、映画評論家の町山氏が『売春婦とは侮蔑的だ』と言い争いになっています。

さて、全く関係ない話ですが、私は服にあまり興味がありません。

お付き合いしてる女性がいる時は『これ着て』と言われればそれを着るし、いない時はそこらにある適当な服を着ています。



第一印象で対人関係はほぼ決まり、服が大きく影響する事もわかっていますが、自分の仕事は対人関係のスキルは重要でないので、こだわりません。

服がどんなにおしゃれでもそれは鎧に過ぎないし、中身や腕が無ければすぐに露呈します。

で、暑い夏などは薄手の作業着を着ている事もあり、容貌と相まってIT系の人間に見えません。

容貌で人を読めると思っている人からは見下すような態度を取られる事もあるし、容貌に関わらず真摯な態度で接して下さる方もいらっしゃいます。

あとで中身がわかると手のひらを返して突然親切になる方もいるのですが、相手の服装や肩書で接する態度を変える人間を見抜くには悪い方法ではありません。



さて町山氏は『売春婦』という言葉が侮蔑的とお考えのようです。そうでしょうか?

このブログ、6年目になりますが、何度か韓国人売春婦の方を伝手を頼って探し出し取材しています。

逆を言えば、韓国女性の中で伝手さえあれば売春経験のある方、現役の方は見つかるのです。

日本にも『売春婦』という表立った職業はないものの、風俗に従事する女性はたくさんいます。疑似ではない方もたくさんいます。

例えば『私は吉原のソープで働いています』と言われたら、この人は売春婦であると侮蔑するのでしょうか。



長い人生の中で自分も相手も苦境に墜ちる事があります。私もそうだったし、他の人もそうでしょう。

そういう時、私は男性なので建築現場で働いたのも一度や二度ではありません。泥だらけ、コンクリだらけになり汗にまみれました。

女性であったとしたら風俗という選択肢もあったかもしれません。金銭の対価として肉体を提供するのは、売春婦だけではありません。愛人だって類似性が皆無とは言えない。

『愛人にしたいグラビアアイドル』という売り文句で売っているアイドルもいる中、そうなると愛人も侮蔑的な表現になるのでしょうか。

町山氏の知り合いの中に売春をしている女性は1人もいないのでしょうか。



私は韓国人売春婦も取材しましたし、日本人で一時風俗に従事した女性も知っています。

韓国人慰安婦や売春婦について何度も記事にしましたが、意見の違いを批判した事はあっても、人対人として丁寧に扱いましたし、侮蔑もしていません。

ホームレスから大企業の経営者になった人を知っています。経営者から生活保護になった人も知っています。

職業や肩書と言うのは、一時の一面に過ぎず、その人物全てを現すものではありません。

売春婦という表現に侮蔑を感じるなら、町山氏の心根に『売春は卑しい』という観念があるのでしょう。

さて売春で日々の糧を得る女性と、相手の職業で判断する町山氏、卑しいのはどちらでしょう。


※編集後記

これね、嫌韓の感情的な人も同様よ。売春婦という言葉でなく使い方に強い険がある人が多い。

要は左右逆でも、読んでいる人に町山氏と同じ印象を与えかねない。

何度か書いてますけどね、そこ非常に注意すべきと思いますよ。

町山氏の言葉が人を遠ざけるのと同じ事を、感情的な右派もやってますからね。

人間ね、粗にして野にあっても卑であらずを通すべきよ。品格と言うのはそういうものよ。

ところでね、作業服は楽よ。丈夫で通気性良く機能的、洗濯してもすぐ乾くし。

建築現場は働くにはいい場所。人間関係シンプルで、くだらないお局とかいないし、ガッと働いて、ご飯は進むし、疲れるからコロッと寝るし。

朝4時起床9時就寝の超健康生活で、ダイエットにもなるし筋トレにもなる。

うちには今でも登録している建築会社から現場情報届きますw

作業着はおって歩いてるから、うちの近くのコンビニの人とか、近所のおじさんとかから、絶対、建築関係と思われてるw

だからワンコの散歩で世間話して『IT系の仕事』と言うと、ほぼ100パー『えっ!』という顔になるw