2

韓国大統領府(青瓦台)は28日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が疲労からくる風邪のため28-29日の2日間休暇を取ると発表した。

これにより、文大統領は前日に予定されていた規制改革点検会議など2件の公式日程をキャンセルしたのに続き、28日に青瓦台で行われる予定だったジェームズ・マティス米国防長官との会談も中止し、新任の市長・道知事との夕食会は延期した。

文大統領は休暇と土日を合わせて4日間、官邸で休む予定だ。

青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はこの日の記者会見で「(文大統領が)休んでいる間はいかなる報告もしないことを午前の会議で決めた。正式な報告書やメモなども一切見せないことにした」と述べた。

青瓦台の関係者は「文大統領は少しでも時間ができると、それまで読めなかった参謀からの報告文書に目を通すタイプなので、今は体調回復に集中できるよう文書を回さないことにした」と話した。

青瓦台は、前日夜に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で韓国がドイツに勝ったことについても、大統領からのメッセージは特に発表しなかった。

金報道官は「大統領の体調が思わしくない中、メッセージを出すのは適切ではないと判断した」と説明した。

文大統領は24日にロシアから帰国して以降、4日以上も公式のスケジュールをこなしていない。

26日に釜山で行われた6・25戦争(朝鮮戦争)関連の行事も、天候悪化を理由に参加を取りやめた。

その前日の25日にも、予定されていた首席・補佐官会議が開催されなかった。

青瓦台はこれについて「参謀陣を含め、休息したほうが良いとの理由で会議を開催しなかった」と説明した。
さらに文大統領がこの日から2日間の休暇を取ったため、文大統領は今週のスケジュールを一切こなさないという形になった。

このため、政界では「経済や北朝鮮問題など国内外で至急の懸案が山積している中、1週間も公式スケジュールをこなしていないということは、文大統領の健康状態が思ったより深刻なのではないか」との憶測が流れている。

とりわけ、習近平中国国家主席との会談前に韓国を訪れたマティス米国防長官との会談までキャンセルしたことをめぐり、異例だとの反応が出ている。

引用元 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/28/2018062804052.html?ent_rank_news


これは単にムン・ジェインが、マティスに会いたくないんですよ。

在韓米軍の具体的撤退論や、北が動かない場合の軍事オプションを相談された場合、とにかく南北関係を強固にしたいムン・ジェインにとっては『あーあー聞こえない。あーあー』と言いたい事項ですからね。

数日前までロシアで口とんがらかせてサッカー応援したのに、よりによりってマティスをキャンセルと言うのは、それ以外ないですよ。

ポンペオとかならまだ会うでしょうけど、マティスやボルトンは顔も見たくないはず。

北と中国が急接近して、中国からの視線もある中でムン・ジェインがアメリカ軸足の議題なんて、聞けるもんじゃない。

トラブルが迫った時、そのトラブルを見ない事にして『問題は存在しない』と言うのは、韓国人の特徴の一つですからね。

どうしても避けられなくなったら、またA4のレポート棒読みしてごまかすでしょw