2

来春の北海道知事選が、キナ臭くなってきた。経産官僚出身の自民党系現職・高橋はるみ氏(64)の5選不出馬が確実視される中、後釜にまたも元経産官僚の名前が浮上。

3年前、テレビ朝日「報道ステーション」の生放送中に「I am not ABE」の紙を掲げる「放送事故」を起こし、時の人となった古賀茂明氏(62)である。

無論、自民が反アベ・原発ゼロの急先鋒を担ぐ訳がない。話の出所は、与党でも野党でもなく、古賀氏本人の言動だ。

突如として政治塾「フォーラム4北海道・古賀みらい塾」を主宰すると発表。4月25日、皮切りとなる講演会を札幌で開いた。

この場で古賀氏は、財務省前事務次官のテレ朝記者へのセクハラ問題の内幕を暴露。

相変わらずの「爆弾男」ぶりを印象づけつつ、北海道の人口減少克服や観光振興の方策を滔々と語った。会場には連合北海道幹部の姿もあった。

講演後、地元テレビ局の取材に対し、聞き捨てならない発言が飛び出す。

道知事選出馬について「2万パーセントない」と語ったのだ。10年前、橋下徹・前大阪市長(48)はこれと全く同じコメントを発し、舌の根も乾かぬうちに府知事選に打って出た。

古賀氏はかつての橋下氏のブレーンである。

~中略~

とはいえ爆弾男の立起は、たやすいことではない。

自民党北海道連は「ポスト高橋」として、中央官僚や道内の市長ら複数人をリストアップ済み。立憲民主党を軸とする野党サイドも、国会議員や経営者らを俎上に載せている。

古賀氏が完全無党派を標榜したとして、反アベ票を食い合えば、確実に保守陣営を利する。本意ではあるまい。

古賀氏を野党統一候補に祭り上げるのも、また難しい。立憲の枝野幸男代表と、ソリが合わないのだ。

16年の東京都知事選で、当時の民進党都連は古賀氏擁立でまとまりかけたが、「枝野幹事長らがちゃぶ台を返し、あの鳥越俊太郎氏への差し替えが決まった」(古賀氏周辺)。

報ステとの関係然り、橋下氏との関係然り、一時的に重用されても、結果的に袂を分かつケースが、やけに多い人物だ。内に秘めた激烈さ故なのか。

その古賀氏は最近のブログで「北海道の道路は直線的で交通量が少ない。自動運転の実験で国家戦略特区に申請してはどうか」と、「公約」まで披露している。

安倍首相が9月の自民党総裁選で3選したとして、統一地方選は最初の大型選挙だ。

塾の講義はその直前の来年2月まで続く。道知事選で「I am not ABE」の訴えが轟くのか、見ものだ。


引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180630-00000001-facta-pol



新潟が終わったら、今度は北海道か。

知事って任期4年でしょ。それなら沖縄で翁長雄志氏の代わりに出れば、『沖縄なら』当選するかもしれない。

北海道はどうかなぁ・・赤い大地と言われるし、中国資本も進出してるけど、道民の皆さんからしたら横路氏で懲りてるところあるんじゃないですかね?

しかし野党は本当に安倍憎しと言うか、新潟でもそうでしたけど手段を選ばず、地方行政そっちのけで『アベガーアベガー』と連呼するだけ。

もういい加減バレてると思いますけどね。

さぁ北海道民の皆さんが、どう判断するか。これは見ものだ。