2

「韓国人永久追放」「在日韓国人消滅」「韓国崩壊」… 。

動画共有サイト「ユーチューブ」日本語版で「韓国」というキーワードで検索したとき、1ページ目に登場する「嫌韓動画」だ。韓国を誹謗(ひぼう)中傷する「ネット右翼」(日本のインターネットサイトで活動する極右派を指す言葉)の仕業だが、最近大きな変化が起きている。

「韓国」というキーワードで検索しても、このような動画が簡単には見つからなくなったのだ。

1カ月間で韓国を中傷する動画数十万本が姿を消した。

動画を掲載していたネット右翼のユーザーのアカウントは200件閉鎖された。

韓国を中傷することに熱を上げていた彼らがユーチューブから姿を消したのはなぜだろうか。

それにはネット右翼に立ち向かう弁護士たちとネットユーザーたちが大きな役割を果たしている。

きっかけは2016年のことだった。同年4月に安倍政権が日本国内の在日コリアンが通う朝鮮学校の補助金支給停止を宣言すると、日本弁護士連合会所属の一部弁護士たちがこれを批判する声明を出した。

問題は、それから1年が経過した2017年7月に始まった。日本弁護士連合会に朝鮮学校補助金支給停止を批判した所属弁護士を処罰してほしいという「懲戒請求」が殺到したのだ。

毎年2000-3000件にすぎなかった弁護士懲戒請求件数が2017年には約13万件に達するほどだった。

背後には、あるネット右翼が管理・運営するブログがあるとみられた。

このブログが朝鮮学校補助金支給停止を批判した弁護士たちの氏名・連絡先・弁護士懲戒請求の方法などを紹介して以降、懲戒請求件数が急増したからだ。

引用元 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/02/2018070201169.html


これねぇ・・保守の中でも意見が分かれるところですよね。

そもそも嫌韓であっても、昨夜の記事のように保守ですらない、アクセス目的の人も結構いるはずですし。

だからネット接続は、実名制か、マイナンバーでの半実名制にすべきと思うんですけどね。

この匿名性と過激な物が人を引き付ける特性で、文言がどんどん過激になる。

というか、目的を見失って、方法が目的になってる事も少なくない。

右派左派・親韓反韓で、ボール入れ競技してるんですよ。運動会の。

皆入れる事だけを考えてるけど、相手のボールを抜くという手段もあるんですよ。

韓国を批判したい気持ちが強すぎて、言い過ぎて批判を受ける。または文言が強すぎて、中間層の中に引いてしまう人も出る。

本末転倒ですよ。賛同を得るには中道を保って、中間層6を見なくちゃいけない。

賛同2だけを見て、賛同者同士で通じる言葉を中間層6に向けるから失敗する。左翼と同じ。

例えばですけど、ある日突然、太極旗や共和国旗をアイコンにしたYouTubeチャンネルが大量に開設され、『皇室解体、自衛隊解体、沖縄竹島北方領土割譲、北朝鮮に100兆円提供、土下座謝罪を永遠に。日本死ね、日本人絶滅しろ』と左翼が言いたいけど、流石に言わないド本音を言い出す人が大量に発生したら、中間層がどう動くか。

しかも左翼や韓国やマスコミは、それを批判しずらい。本音ですからね。

左派も右派も賛同してくれる人ばかり、見過ぎ。

中間層6の心情を動かし、世論を有利に誘導する為には何をしたらいいか、考えてもいいと思いますね。