Q

韓国人質問者

大韓民国を否定する自由韓国党所属の全ての国会議員、パク・クネ逆賊一味、チェスンシルなどは、全て積弊勢力であるというのは正しいですか?

ムン・ジェイン大統領閣下が積弊清算を強調しているが、いつ頃にゴミが清算出来ますか?



韓国人回答者1

ムン・ジェインは終わってる。

中国発の金融危機に巻き込まれない為には、日本との通貨スワップが必要なのに、わざわざ慰安婦扇動して、韓日葛藤助長する韓国左派の共産主義勢力が、女性部などと一緒にぶち壊した。

共産主義、すなわちアカにとって韓日葛藤は名目であって、日本とアメリカ、日本と英国が通貨スワップしている為、日本と韓国の通貨スワップは、韓国は自然に、中国発の金融危機から脱することができるのに日本と通貨スワップを慰安婦扇動して切断した。

韓国は現在、亡びつつある。そして中国と通貨スワップをすることは死のうと決心した事だ。

そして、カナダと無期限通貨スワップまでである。いや一体どんな国が無期限通貨スワップをするのか。

知ってみると、中国共産党のトップ勢力が、カナダに隠している資金が凄い。

韓国を経由してマネーロンダリング、すなわち韓国に投資式で投機して、そのお金で韓国企業の持分を抜いて、優良企業の技術を抜いて、ビットコイン利用してマネーロンダリングをして、再度大韓民国国民のお金と投機したドルまで抜いて食べるつもりなのが、中国の奴らだ。

私たちは技術力があり、技術力も世界一なのに、長期的に外国資本に売り渡そうと考えている。

国家情報院を解体を防ぐのは難しいようだし、スパイだけでなく、その余波が次の右派政権の5年が移って回復するのは難しい。

左派が政権を握れば、国の財政滅ぼし、技術を流出させて、国民が貧困になる。

韓国は今後、大変な事になる。ムン・ジェインを下野させないと大韓民国が死にます。

必ず下野させるべき。イムジョンソクやムン・ジェイン主体思想派政権、アカの追放をするべきです。


引用元 https://kin.naver.com/qna/detail.nhn?d1id=6&dirId=61404&docId=295700445&qb=7J2867O46rO8IO2Gte2ZlCDsiqTsmYDtlIQ=&enc=utf8&section=kin&rank=7&search_sort=2&spq=0


韓国の国是と言うのは、かつては二つ。反日と反共。

それがソウル五輪時の民主化で、キム・デジュン、ノ・ムヒョン、ムン・ジェインと飛び石の左派政権と左派教育で大きく左に傾き、反共は忘れ去られた。

チュチェ思想を堂々と教え、反日反米を刷り込む教師もいれば、進歩派と呼ばれる左派をスタイリッシュと考える若者もずいぶん増えた。

私が知り合った頃は若かったチェさんなどの韓国人の知人に比べれば、今の韓国の若者の反日の度合いは強く、反共という印象はなくなった。

昨日の韓国のニュースでも、キム・ジョンウンの好感度が、中国の習近平と日本の安倍総理の好感度が上回り、北朝鮮への好感度も10パーから50パーを超えるまで増している。

慰安婦運動を始めとする反日啓蒙活動が左派主導と分かっていても、『親日派』という誹りを受ける事を承知で声に出せる者もいない。

韓国人は『主観的・感情的・過大な自己評価』に従い、感情のままに反日を続け、五輪やW杯でその反日の強さが日本国内に周知され、それを報じないマスコミへの不信感も増している。

日本の左派マスコミが、安倍-麻生ラインを何とかして潰したいのは、石破・野田あたりを総裁に据えて、親韓派として韓国との通貨スワップを再開に導きたいから。

ムン・ジェインの公務員倍増・最低時給昇給などは成果が出ず、逆に一般階層の収入は減り、財閥への批判と告発で経済も硬直。

今はまだ『パク・クネの失策のせい』と言っているが、これから外資の資金引き揚げ・大型返済・ドル利上げが立て続けにくれば、韓国は今以上に厳しくなる。

といって慰安婦像は撤去出来ないし、釜山の徴用工像も1度は失敗したが、先日の地方選挙でプサン市長が左派に変わった為、おそらく年内に再度徴用工像の設置に挑戦するはず。

当然、日本国内の対韓国感情は悪化の一途で改善の兆しは無い。

通貨スワップ関連の質問を見ていたのだが、『カナダがある中国もある準備高も充分』と言っているものが多いが、準備高のドル比率は非公開だし、ドルウォンが動けば溶かしてしまう事もある。

今の韓国はIMFの時のように金を供出するような気概は無いし、その時『統一さえすれば韓国は生き返れる!』というムン・ジェインの方針が生きてくる。

彼らは明日の事は考えられても、1年後2年後を考えることが出来ない。

それが出来る位なら、ムン・ジェインは当選していないし、慰安婦像も建っていない。

そんな長期視点を韓国人に求めるのは、酷と言うものである。