4

法務省は6日、オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)の刑を執行した。

2006年9月の死刑確定から11年10カ月。

日本社会を大きく揺るがし、裁判で「首謀者」と認定された教祖の刑執行は平成の事件史に刻まれる節目となる。

松本死刑囚は1955年に熊本県で生まれ、84年にオウム真理教の前身「オウム神仙の会」を設立。ヨガ修業や「超能力」をうたい信者を集めた。

90年には、松本死刑囚自身や信徒が衆院選に立候補したが、いずれも落選。

信徒の脱会や高額な「お布施」の支払いなどを巡ってトラブルが相次ぎ、社会的な批判を浴びた。

95年に地下鉄サリン事件発生を受け、警視庁は山梨県上九一色村(当時)の教団施設を強制捜査し、松本死刑囚を逮捕。

松本死刑囚は地下鉄サリン事件のほか、坂本堤弁護士一家殺害事件や松本サリン事件でも起訴され、計13事件で殺人罪などに問われた。

96年に始まった東京地裁の公判では無罪を主張したが、04年に死刑判決を受けた。

その後、弁護団が「(松本死刑囚と)意思疎通ができない」ことを理由として提出期限までに控訴趣意書を出さなかったため、東京高裁は06年に控訴棄却を決定。

最高裁も高裁決定を支持し、同年中に死刑が確定した。

教団による一連の事件の刑事裁判は、18年1月に終結。

法務省は3月、東京拘置所に収監していた死刑囚13人のうち松本死刑囚らを除く7人を別の拘置所や拘置支所に移送していた。

松本死刑囚以外の複数の死刑囚についても6日中に執行するとみられる。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000016-mai-soci


衝撃的な事件でしたが、20年以上かかりましたね。

当時、自分は渋谷区恵比寿の渋谷川沿いに住んでいたので、建て替え前の恵比寿駅の前でオウムが『ショーコーショーコー』と異様な感じで踊る選挙活動見ていました。

幹部が刺殺された場所もわりかし近所で、渋谷橋から南青山に抜ける道の途中。

地下鉄事件当日の朝の都内の混乱ぶりは、はっきり覚えてます。

日比谷線の神谷町駅も使ってたし、新宿駅東口地下のトイレの青酸ガス事件も祖師ヶ谷大蔵が毎日通る場所で互いに『気を付けよう』と言ってました。

神戸の震災やオウムと立て続けに続いた年でしたね。あれからですから時間が掛かった。

松本サリン事件でも苦しみ続けてる人はいるし、地下鉄事件も同様。

もし同一事件同日執行なら13人の可能性があり、再審請求中もいるので、また死刑制度の議論になると思いますが、避けられない道。

死刑執行は朝食から昼までの間の呼び出し。果たして罪を反省して受け入れられた受刑囚がいたのかどうか。

多くの被害者の傷が癒えるのならば、これは仕方ないでしょう。

10時過ぎの報道では7人に執行したとの事です。