4

オウム真理教教主麻原彰晃の死刑が6日午前執行された。

NHKなど日本のメディアはこのニュースをリアルタイム速報で伝えた。

オウム真理教は、1980年代製の新興宗教で、地下鉄サリンガステロ事件は、オウム真理教の信者が1995年3月、東京地下鉄3路線、5つの車両の出勤乗客に猛毒サリンガスを分散させ、13人を殺し、6千200人以上を傷つけた事件だ。

「日本の王になって世界を支配する」は、麻原の空想を実現しようと、一連のテロ事件を起こしたが、警察の捜査が狭くてくる視線を走らせるために行った。

オウム真理教が殺害したか、犯行後死亡したこれらはすべて29人に達した。

日本当局は189人を起訴し、13人死刑、5人無期懲役、80人の有期懲役の実刑、87人の有期懲役執行猶予、3人の罰金、1人無罪判決を受けた。

引用元 https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=082&aid=0000818815


オウムのテロは、世界も震撼させた事件ですし、毒ガステロを密集地で行ったのも衝撃。

海外でもその想定でテロの概念が変わったと言いますし、この報道は世界を駆け抜けるでしょうね。

民間人が日本という極めて管理された社会で実現可能という事を示してしまったのが、事件と同様に大きかった。

このタイミングでの執行と言うのは、平成のうちに終わらせたかったのかもしれませんね。