Q

韓国人質問者

日本女が着物を着る時に、後ろに付けているものは何ですか?



韓国人回答者1

19世紀になり、日本のデザイナーが日本の民族衣装を体系的に整理して、美しく作られた服が今の着物です。

背仲にあるおくるみ型のベルトを帯と呼びます。

帯は当時の日本のデザイナーが「背面美」を示すために作成しました。

「背面美」は、人間を鑑賞するとき前の姿ではなく、背中を鑑賞することです。

着物などのオビを美しい装飾が発展しています

すべて背面美の為の方法で、布団ではありません。

長さは3〜4メートル、幅は30センチ程度されて華やかな柄で飾られ、貴重なので価格も非常に高くなります。

幅が30センチメートルしかない布が、どうやって布団になりますか?

あれを布団と言い張って、自由なセックスの証拠というのは、全て韓国で日本を格下げするために作られたデマです。



韓国人回答者2

あれは、枕の役割だったんです。布団とも言うが、はっきりしませんが枕だったようです。

着物は、戦場に出た夫が戻った時に、服をすぐにはがししてセックスするために生まれた服です。

紐を引っ張るだけで全部脱がせる事が出来て、脱がせた後は布団のように使います。



韓国人回答者3

後ろの付いたものの名前は「帯」と呼ばれます。後ろの付いたものではなく、腰に結びつけています。

帯には少し不合理な由来があります。昔の日本では、内戦が絶えなかった。

それによって、若い男性があまりにも多くの死んだ男の数が多く、人口があまりにも少なくなりました。

最終的には国の全ての女性は、男性が、いつどこでも女性の体を求めたら拒否せず許可しなければならないと命令しました。

結局、日本の女性は、顔も知らない男と道ですれ違った時も男が必要と言えば、その場ですぐに服を脱いで体を与えました。

当然、地面から性行為をしたので、帯を布団として使うようになりました。

風変わりな風習ですが、真実です。

そんな歴史のために、今の日本女もいつでも何人の男性と寝ても大丈夫という考えを持っているといえるでしょう。^^ ;;

しかし、今の帯はそのような機能とは関係がないでしょう。

由来はどうしたものであれ、今は着物をきれいにしてくれる飾りです。

日本も韓国のように四季の変化がはっきりしていて、着物で季節を表現するという意味があるそうです。

たとえば、正月には羽状の模様が入って梅が刻まれている帯で、お花見の際には、桜柄が刻まれている帯、夏は朝顔柄の金の魚の帯等...帯を利用して、季節に合った柄を入れて着物をより華やかに飾ります。


引用元 https://kin.naver.com/qna/detail.nhn?d1id=6&dirId=61303&docId=47834009&qb=7J2867O4IOyXrOyekCDquLDrqqjrhbg=&enc=utf8&section=kin&rank=13&search_sort=0&spq=0



一応、お昼の質問サイト記事を補強しておく質問ね。

韓国人男性にとって、着物=フリーセックスという非常に強い願望があるようで、『着物着てる女は本当に拒絶されずにエッチできるのか』とか、『着物はエッチ用の布団』みたいな質問は、もう数百個レベルであります。

韓国では結婚前は女性が強く、100日記念だのハイブランドのバッグだの、荷物は男が持てだの、家を持たない男は男じゃないだの、軍隊に行ったら別れるだのと、男性が追い詰められるので、韓国では違法だがダウンロードできる日本のAVと都市伝説で幻想を強化してる感じでしょう。

ムン・ジェインがTwitterで間違って、日本のAVの画像をツイートするお国柄ですから。

『統一して日本を征服したら、男は皆殺し、女は死ぬまで強姦してやる』とネットに書いてある国ですからね。


※編集後記

忘れてたんですけど、今月で5年目に入りました。なんだかんだ言いつつ、続いてるね。

ブログ連合は宿願なんでいつかやりたいと今でも思ってますけど・・。

その時、力を貸せる人は貸してください。もちろんお金的じゃなく記事的な事ね。

さぁ6年目目指して、またコツコツ書くとするか。