4

日本の横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で2016年9月に入院患者2人が相次いで中毒死する事件が起きた。

現場となった4階の病室は末期がん患者が収容されており、患者が死亡すること自体は不自然なことではなかったが、死亡した2人のうち八巻信雄さん(88)のケースは通常とは異なった。

八巻さんの注射液から不審な泡が発見されたからだ。警察による捜査結果は衝撃的だった。

注射液に界面活性剤が混入したために泡が生じたというものだった。

その後、死亡した別の高齢患者の男女3人からも界面活性剤の成分が検出された。

消毒薬の主成分である界面活性剤は菌のたんぱく質を腐食して殺す消毒作用があり、体内に入ると多臓器不全などを起こす恐れがある。

今月6日、容疑者が逮捕された。問題の病院に勤務していた元看護師、久保木愛弓容疑者(31)は警察の取り調べに対し、容疑を認めた。久保木容疑者が明かした犯行動機は日本列島にショックを与えた。

「患者が死亡した際、家族に理由を説明するのが面倒だった」「自分がいない間に死ねばよいと思った」「患者の容体が急変するのを見るのが嫌だった」などと供述したとされる。

日本の報道によれば、久保木容疑者は「2016年7月から患者の注射液に消毒薬を混ぜた。20人程度に同じことをした」と話しているという。

久保木容疑者が注射液に消毒薬を混ぜたという16年7-9月に4階の病室で死亡した患者は46人に達する。

しかし、その遺体は大半が火葬されているため、久保木容疑者の犯行を立証するのは難しい見通しだ。

久保木容疑者の連続殺人は高齢化社会日本の悪夢が現実化していることをうかがわせる。

日本の内閣府が昨年発表した高齢社会白書によると、日本は人口の4人に1人(27.3%)が65歳以上という超高齢化社会だ。

高齢化は急速に進行しているが、彼らを看護する人手は足りない。

家族が介護のために会社を辞める「介護退職」という言葉まで生まれた。

そうした中で介護に関連する犯罪も増えている。

介護に疲れた家族が高齢者を殺害する「介護殺人」だけで年間で40-50件に達する。今年3月には神奈川県の老人ホームで職員が夜間にパトロール中、やせた高齢者をベランダの外に投げ落とし、3人が殺害された。

死亡した高齢者に特段の恨みがあるわけでもなかった。動機は「日々の業務から生じた鬱憤(うっぷん)」だったとされる。

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00001151-chosun-kr


高齢化社会とは言いますが、第一次第二次ベビーブームが本当の高齢者になった時が本当の高齢化社会。

昭和20年代前半の第一次ベビーブームと、昭和40年代後半の第二次ベビーブーム、この二つが人口ピラミッドから飛び出すとげになってる。

第二次ベビーブーム世代は、もうすぐ50歳になるから、あと30年は高齢化社会と言われる。

これね思うんですけど、『とにかく死なせちゃいけない』という価値観的なものが背後にありますよね。

終末患者に胃婁を施して無理やり生かし、心停止したら蘇生を施す。

安楽死などは思っていても、口に出せば批判されるし、多数派の構築は難しい。

ただ第一次ベビーブームの高齢化にこれから本格的に苦しみ、さぁ第二次ベビーブーム世代に備えなくては・・となる頃、あと15-20年後。

その頃になったら、要するに我々ネット第一世代が死に始める訳ですから、胃婁廃止とか安楽死は見えて来ると思います。

政治の支持率でもそうですけど、今は60歳の場所に前後の世代を分ける壁がある。

デジタルデバイスの壁。この壁が上にずれて行けば、いずれ今の『何が何でも死なせない』という風潮は終わるかもしれないと思います。